次回の予定
過去の公演
配信チケット
購入方法
貸し小屋規定
レンタルホール
フライヤー
協力
商工会議所
桜座cafe
Twitter
YouTube
Facebook
Facebookロゴ Twitterアイコン LINEロゴ instagramロゴ Youtubeアイコン
ご予約、ご連絡、など
メールはこちら

電話アイコンTEL 055-233-2031 甲府桜座
当会場はカフェスペースとホールスペースの二会場あり
来場者数によっては会場を
変更する場合がございます
来場者様は可能な限りご予約をして頂けると助かります

交通情報 <現在>
電車移動→ 中央線
バス&車移動→ 中央道全線状況
過去にメールマガジンを受信していた方へ
サーバー更新の関係により、メルマガへの再登録をお願い致します
■メールマガジン発行しております、ご希望の方は下記より登録して下さい。
お名前 メールアドレス

桜座TV
前月のLIVE動画と近々予定をご紹介!毎月初め頃にライブ配信しています! 
●次回のYoutube配信は2/29予定です
※変更になる場合があります
Tigetでの有料ライブ配信はコチラ
ツイキャスでの有料ライブ配信はコチラ

↓近々の公演予定↓



SWING BIRD JAZZ ORCHESTRA
Liberty Jazz Orchestra

3月2日(土)

開場17:00
開演17:30
料金1,500円
(別途1drink500円)
お問合せ
河野 様

日本ジャズ界のレジェンド岸義和をフィーチャーして
甲府と東京の二つのビッグバンドが共演



岸義和プロフィール
1949年 11月11日 横浜生まれ
1964年 15歳でプロデビュー 1968年 見砂直照と東京
キューバンボーイズ 1970年 原信夫とシャープ&フラ
ッツ 1972年 豊岡豊とスゥイングフェース 1973年 宮間
利之とニューハード ニューハードではモンタレージャ
ズフェスティバル ニューポートジャズ&中南米ツァー
に出演 国内外で活動
1978年ニューハード退団後フリーミュージシャン に
成り、録音.ステージ. ライヴ活動に移り 美空ひばり、
北島三郎、鳥羽一郎、氷川きよし、ユーミン、他レコ
ーディング 多数
2003年初のリーダーアルバム[PASSION]リリース
2010年 バンクーバー冬季オリンピックにて、銅メダ
ル獲得の高橋大輔の「道」のソロTPを担当
今年(2024年)プロ生活60周年を迎える

SWING BIRD JAZZ ORCHESTRA
スイングバードジャズオーケストラは、2005年に設立
され、現在は平均年齢60歳(?)のビッグバンドジャズ好
きが集まっています。ベイシーの4ビート曲を基本とし
つつ、ポピュラーや歌謡曲など幅広いレパートリーを持
ち、年間数回のイベント等で演奏活動を行っています。

Liberty Jazz Orchestra
Liberty Jazz Orchestraは、学生時代のつながりを
原点に、ビッグバンドジャズを心から愛するメン
バーたちが集まり、2015年に活動を始めました。
月に1度、都内のスタジオに集まって練習し、リハ
ーサル後は確実に反省会を行って絆を深めていま
す。 ビッグバンドジャズにも様々なジャンルがあ
りますが、私たちはメンバーが演奏したいと思う
良い曲であればスタイルにこだわらず取り組んで
います。近年では定年を迎えたメンバーも増え、
経験豊かなプレイヤーたちが織りなすサウンドは
一段と深みを増しています。 私たちはステージを
思う存分楽しむ自信があります!精一杯がんばっ
て演奏しますので、どうぞよろしくお願いいたし
ます。

055-233-2031 桜座
メールにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴

川上幸之介『パンクの系譜学』出版記念イベント
―パンクは常に問い、それについて行動を起こすことだ―
川上幸之介×平野千枝子×永山愛樹クロストーク
「橋の下世界音楽祭」上映
「ALKDO」スペシャルライブ
3月3日(日)
開場14:30
開演15:00
前売3,500円
当日4,000円
別途Drink500円
学生1500円(ドリンク別500円)
※学生の場合は受付で学生証などわかるものをご掲示ください。
ALKDOライブのみ2500円(別途ドリンク500円)学生1500円(ドリンク別500円

川上幸之介(かわかみ・こうのすけ) 1979年、山梨県生まれ。専門は現代美術/ポピュラー音楽。ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズMAファインアート修了。現在、倉敷芸術科学大学准教授。キュレーションに「Bedtime for Democracy」展、「Punk! The Revolution of Everyday Life」展、「ゲリラ・ガールズ展 『F』ワードの再解釈:フェミニズム!」など。

最古の歌集である万葉集の「甲斐の国」にかかる枕詞は「半黄泉」
黄泉の国とのはざま・・・そんな山梨の土壌が生みだした変わりもんのひとり
倉敷芸術大学准教授川上幸之介氏が全国で開催してきた「パンクー日常生活の革命」展の活動を含め2年半をかけてパンクの謎を掘り続けて完成させた「パンクの系譜学」書肆侃侃房の出版記念イベントを著者の故郷である山梨にて開催!!

当日は山梨大学准教授で現代アートを研究している平野千枝子先生との対談で本について文化的・芸術的にも深くアプローチしていただきます。
さらに今回!!著者に多大な影響を与え続けている永山愛樹氏(橋の下世界音楽祭/TURTLE ISLAND/ALKDO)をお迎えします!!
日常の自主的な創造活動が、どのように個と社会の変革プロセスに与しているのかに焦点を充てたドキュメンタリー「橋の下世界音楽祭」の上映!!「ALKDO」のライブを通して、
私たちに向けられた言葉・映像・音楽で必ず何かを感じとっていただけるはずです!!

主催/お問合せ
川上様
055-233-2031 桜座
メールにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴

小仏 LIVE
3月8日(金)

開場19:00
開演19:30
前売2,000円
当日2,500円
別途Drink500円

かえるちゃん(vo,ukulele)




055-233-2031 桜座
メールにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴

Terry Riley with Friends
能登地震のためのチャリティ・コンサート
3月9日(土)


LIVE配信2,000円〜
(開催日までにご購入ください)
購入方法はこちらから

開場14:00
開演15:00
問い合わせ
テリー・ライリー 公式メール

出演予定
Terry Riley
SARA(宮本沙羅)
with
AYA (OOIOO)
大野由美子(Buffalo Daughter)
角銅真実
勝井祐二(ROVO)
Morgan Fisher
ヨシダダイキチ


Photo by Masahiro Ikeda 横尾忠則氏のアートと共に @豊島横尾館

プロフィール
テリー・ライリー / Terry Riley
作曲家・音楽家。1935年6月24日。カリフォルニア生まれの88歳。昔も今も、そして未来も、常に新しく、独創性に溢れる音楽を作り続ける音楽界の大巨匠。初期の名盤『in C』(1964年)はミニマル・ミュージックの金字塔として輝き続け、『A Rainbow in Curved Air』(1969年)はサイケデリックを代表する不朽の名盤となり、その後登場するアンビエント・ミュージックにも大きな影響を与えている。また、レイヴ・パーティーの原型となった「All-Night Concert」の開催、インド音楽から影響を受けた彼の作品はサンプリング/ループの原型となってクラブ・カルチャーにまで影響を及ぼすなど、1960年代から行なってきた革新的な音楽活動は、ジャンルを超え、今なお世界の音楽シーンの礎であり、未来を照らす光となっている。
横尾忠則、久石譲、ジム・ジャームッシュ等、大ファンを公言している表現者は数多い。
2020年より山梨県在住。鎌倉で月一度、ラーガ教室「Kirana East」も行っている。
オフィシャル X(旧Twitter)https://twitter.com/TerryRiley_info

055-233-2031 桜座
メールにて予約受付中

山梨大学ジャズ研究会
第6回定期演奏会

3月10日(日)

開場15:00
開演15:30
料金500円
別途Drink500円



055-233-2031 桜座
メールにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴

KOFU JAZZSTREET2024
本多俊之
バーニングウェイブ・カルテット

3月16日(土)

開場17:30
1st 18:00〜
2nd19:30〜
3rd21:00〜
4会場共通チケット
前売6,000 円(2ドリンク付)
当店にて発売中
主催:甲府商工会議所

本多俊之(Sax)
野力奏一(Kb&Pf)
グレッグ・リー(Eb)
奥平真吾(Ds)



本多俊之(Sax)
1957 年東京生まれ。大学在学中の1978 年に初リーダーアルバム「バーニング・ウェイブ」を発表以来、チック・コリア(Pf)等の著名ミュージシャンと共演。日本を代表するサックス奏者である。特にソプラノ・サックスの音色には定評があり右に出る者はいない。日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞した「マルサの女」(伊丹十三監督)など作・編曲家、プロデューサーとしての才能も良く知られる。オリジナルアルバム、サウンドトラック共に多数リリース。近作としてはサクソフォン・アンサンブルの新たな可能性を示唆した「GREETINGS ~アドルフ・サックスに捧ぐ~」、吹奏楽にシフトした「DINOSAX」など。最新作は「CC-Rex(シー・シー・レックス)本多俊之Burning WaveQuartet with 井上 銘」東京藝術大学客員教授。

野力奏一(Pf)
1957 年京都生まれ。幼少よりクラシックピアノを学ぶ。1977 年に上京しジョージ川口バンド(Ds)等でセッションを重ね、1980 年に本多俊之(Sax)バーニングウェイブ、山下達郎ツアーに参加。1983 年に「NORIKI」を結成しリーダーアルバムを発表。以降、渡辺貞夫(Sax)、日野皓正(Tp)、松木恒秀(Gtr)のメンバーとして国内外のツアーやレコーディング等に参加。近年の活動は大野俊三(Tp)バンド、ケイコ・リー(Vo)、本多俊之BW カルテット、THEJ.MASTERS 章・祐・奏・修 BAND Plus スギサクなど。自己のアルバムでは「Piano Solo」(2018)、渡辺貞夫をゲストに迎えた「Saudade(サウダージ)」(2019)を発表。映画音楽にも取り組み、森田芳光監督の「キッチン」「おいしい結婚」「ハル」等を担当、日本を代表するアレンジャーとして著名である。

グレッグ・リー(Eb)
アメリカ合衆国カリフォルニア州出身。高校在学中にプロ活動を開始。1977年にロサンゼルスの伝説のフュージョングループ“カルデラ”に参加。1980年日本のプログレッシブロックバンド“タキオン”のメンバーなり初来日する。これを機に日本のジャズミュージシャンと多くの共演も多くなり、本田竹広のネイティブ・サン、渡辺香津美MOBOなど日本の第一線ミュージシャンと共演を重ね、洋楽全般のジャンルを超越したスーパー・ベーシストとして活動を行っている。ここ数年は40年来の知己と言える本多俊之のBW4とのツアーやレコーディングなどに参加している。近年はアコースティック・ベーシストとのデュオ活動も新たなるライフ・ワークとなりつつある。

奥平真吾(Ds)
1966 年東京都出身。3 才にしてドラムを始め、小学生時にジミー竹内氏に師事する。11才の時に初リサイタルを催し1978 年にアルバムデビューするなど一躍早熟の天才ドラマーとして時代の寵児となる。法政大学在学中に益田幹夫(Pf)、辛島文雄(Pf)の本格的なジャズコンボに参加。1991 年渡米、ニューヨークではアート・ブレイキー(Ds)やマイルス・デイヴィス(Tp)のメンバーで知られるカルロス・ガーネット(Sax)のレギュラーとして活動するなど多くの著名ジャズミュージシャンの信頼を得る。2010年の帰国を機にTHE NEW FORCE+1 を結成。以後、本多俊之BW4、THE J.MASTERS、福田重男(Pf)、増尾好秋(Gtr)、土岐英史(Sax)のグループでも活動する。最新作は「No MoreBlues ~Chega De Saudade~」ピュアなジャズドラマーの第一人者である。

055-233-2031 桜座
メールにて予約受付中


琉球ヴァイオリン & VaGu
3月20日(水、祝)

開場16:30
開演17:00
前売3,500円
当日4,000円
別途Drink500円



沖縄に生まれ育ち、琉球器楽 (琉球提琴曲) を発展させた ヴァイオリン / ヴァイパー奏者と、能や狂言に衝撃を受け、日本やアジアの音楽に目を向けた古楽器ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者のユ ニット。

大城敦博 (おおしろ あつひろ)
国内初の 6弦ヴァイオリン & ヴァイパー奏者、作曲家。
3Dvarius社 (仏) 公式アンバサダー。
独自の肩当てを発明 (特許取得済)。
ウェブサイト:『 琉球ヴァイオリン 』
ウェブサイト:琉球ヴァイオリン
https://www.ryukyuishviolin.com

中野潔子 (なかの きよこ)
ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者。
大阪音楽大学 大学院修了(音楽学)。
歴史上から一度姿を消した ヴィオラ・ダ・ガンバ の当時の
演奏を追求しつつ、新たな可能性も探求。

【スペシャル・ゲスト】
金子舞音 (かねこ まいと)
2000年東京都町田市生まれ。
東京藝術大学 楽理科に在籍中。
中高時代にバンドネオンの音色に惹かれ、音楽の道を志し藝大に進学。音楽民族学を専攻。シャンソンやフラメンコなどの舞台にも参加。

055-233-2031 桜座
メールにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴

〜緊急決定! ヴァイオリンソロツアー2024春〜
壷井彰久 ヴァイオリンソロ
3月24日(日)

開場16:00
開演16:30
前売3,000円
当日3,500円
別途Drink500円

壷井彰久(vl)


壷井彰久(vl)
壷井彰久 (Akihisa Tsuboy)
ロックからケルト、アラブ音楽までをその驚異的なテクニックと美しいトーンで 「奏破」するヴァイオリニスト。アコースティックヴァイオリンでのアグレッシブかつ繊細な表現に加え、エレクトリックヴァイオリンを駆使した独創的なサウンドにおいても、注目を集める存在である。
自己のバンド「KBB」を率い5枚のアルバムを 制作。海外においては「BajaProg2004(メキシコ)」、「NEARfest2006(米国)」、「ProgSud2008(フランス)」、「Gouveia Art Rock 2009(ポルトガル)」、「Crescendo Festival 2013(フランス)」に出演し絶大な反響を呼び成功を収めた。
その他様々なバンド・セッションに参加し、Era(壷井彰久/鬼怒無月デュオ)、オオフジツボ、Trinite、WAWAWAWA、マタハリオールスターズ、pudding隊、サイバー民族団、残響SWIFT、PanPotSugar、ツボブキジロー、光田康典Millennial Fair、一噌幸弘グループ、Pochakaite Malko、AUSIA等が代表的なプロジェクトである。
2021年7月にヴァイオリンソロアルバム「一人天下」をリリース。エフェクタやルーパーを多用したソロライブで演奏してきたエレクトリックヴァイオリン1本で表現できるオリジナル曲を収録。

055-233-2031 桜座
メールにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴

桜座JAM SESSION#92
3月27日(水)

開場18:00
開演18:30
前売1,500円
当日2,000円
別途Drink500円
<参加自由ノンジャンル

古谷 淳(Piano)
龍野充(g)
JUNKO(b)
大山勲(ds)



日本だけならず世界各地、そして各方面からユニークなアーティストがライヴやパフォーマンスのため訪れる甲府中心街の桜座で4月からジャムセッションが催されることになりました!対応ジャンルはロック、ポップス、ジャズやファンク、ヒップホップを始めとするブラックミュージック全般、ブルースなどなど。楽器が弾ける方なら誰でも参加可能の愉快なセッションになっております。楽器を始めたばかりの方やセッション初心者の方でもホストバンドがしっかりサポートしますので安心です。もちろん観戦のみの方も大歓迎!様々な情報交換や交流、出会いの場、
そして単純にエンターテイメントとして楽しめる空間にしていこうと思いますので皆様お楽しみに。

055-233-2031 桜座
メールにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴

Arabindia x Shuhaari
〜狂熱のライブ〜

3月31日(日)

開場15:30
開演16:00
前売4,000円
当日4,500円
別途Drink500円

ARABINDIA
常味裕司(ウード)太田惠資(バイオリン)
吉見征樹(タブラ)Dance 5名
SHUHAAARI
常味裕司(ウード) 福田亮(ベース)
立岩潤三(ドラム)



055-233-2031 桜座
メールにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴

パンデミックスキップ
時は流れても、心はあのときのまま 
4月6日(土)

開場16:30
開演17:00
前売3,000円
当日3,500円
別途Drink500円



コロナ禍で活動していた中で出会った皆さんと共に演奏します。
また新型コロナウイルスのパンデミックにより、体と心が一歩ずれているような“奇妙な感覚”を「パンデミックスキップ」と呼ぶらしいです。
“時は流れても心はあのときまま”だけど、激しく移り変わっていく世界に対し、”あのとき”とは違う演奏をできたらと思います。
今回はセクステット編成。
自分たちの好きないろんな名曲やオリジナルをフリーインプロビゼーションも織り交ぜ演奏します。

■龍野充(Guitar)
Jazzをベースに、様々な音楽を吸収中。
2015年 桜座にて「桜座jam session 」を始める。
同時に路上ライブや、ソロでの活動もしている。
現在も継続中、山梨県を拠点に活動中。
バンド「ガランドゥ」主宰。他にも「Ra Ra Ra」「Pulse of the Future」など。

■立川慎也 Shinya Tachikawa(A.sax,etc)
ソプラノ、アルト、テナー、サックス・フルート奏者。
山梨県甲府市出身、東京都板橋区在住。
高校入学と同時に吹奏楽部へ入部しサックスを始める(高校2年時、山梨県管・打楽器ソロコンテストにて優秀演奏者賞受賞)。大学時代も吹奏楽部に所属し指揮者を兼任する等、吹奏楽に明け暮れる。大学卒業後ジャズ、ポップスに触れ始めると同時にライブ活動を開始。その頃からフルートを始め、現在フリーランスのサックス・フルート奏者として、東京都内を中心に演奏活動を行っている。サックスを小池直也氏、小西遼氏、フルートを関井うらら氏に師事。<現在の主な活動>ジャズテイストなオリジナル楽曲を演奏する自身のバンド『Triflea』を主宰。ジャズカバーやフリージャズを演奏する自身のリーダーバンド『Shinya Tachikawa Quartet』(TrioやQuintet等その時々で編成は変化する)。
クラシックからポップスまで幅広い楽曲を演奏する『Bouno Saxophone Quartet』所属Soprano Saxophone担当。ブラスロックバンド『Empty Black Box』の正規メンバー(2023年5月〜)。ジャズ・ファンク系のナンバーをサックス4本で演奏するバンド『Trick ours』メンバー、Soprano Sax・Alto Sax担当。その他シンガーソングライターのサポート等、ジャンルの垣根を超えて活動中。

■岩切 大樹 Taiki Iwakiri (Pf)
福岡県出身。幼少期よりピアノとドラムをはじめる。音楽大学にてクラシックピアノとともに和声を学ぶ。その他の音楽は独学。在学中にビッグバンドジャズを経験し、また、アンビエントグループの活動で作曲もはじめる。卒業後はピアノ講師や伴奏業を務めながら、演奏者として様々なライブ・イベント・レコーディング等に参加。
音楽での人とのつながりを楽しんでいる。

■田尻 由紀(B.Sax、etc)
尚美学園大学芸術情報学部音楽表現学科サックス専攻 卒業。
サックスを雲井雅人氏に師事。
在学中にサックスカルテットで初のリサイタルを開催。
大学卒業年度より毎年『年の瀬サクソフォンコンサート』開催。
好評を博す。現在、地元調布市をはじめ関東近郊での演奏やレッスン、またジャンルを超えてポップスのライブのサポート(オシャレルズ・オレンチェなど)を行っている。
http://tajiriccho.jimdo free.com

■谷澤舞 Mai Tanisawa(Bs)
岩手県釜石市出身。武蔵野美術大学デザイン情報学科卒業。
幼少期よりエレクトーンを始めアンサンブルに触れる。大学在学中ジャズサークルModern Jazz Societyにてウッドベースと出会いジャズを始める。卒業後、河上修氏に師事。
女性インストトリオバンド『中野ハイボール(濃)』、サックス奏者立川慎也主宰の『Triflea』、シンガーソングライター福島史華主宰『WOMAN BAND』などでベースを担当。
会社員のかたわらバンドでのライブやイベント出演のほか、ジャズを中心としたジャムセッションのホストやジャズライブ、ライブのサポートなど、ジャンルや形態にとらわれないフットワークの軽さで活動中。ライブのフライヤーやコンサートパンフレット制作など音楽に関わるデザインワークも行っている。

■Char!le aka ヤナイアツシ(Ds)奈良県出身埼玉県在住。大阪スクールオブミュージック専門学校卒業。15歳でドラムを独学で
始める。専門学校在学時から大阪でボーカリストやラッパー、ロックバンドなどのサポートワークを行う。23歳で上京後はサンデーカミデ氏、成田千絵氏、立川慎也氏との共演やワンダフルボーイズ、futures、Auks、シュガーダンス、Yun Chogya、コクーンexsにてサポートドラマーを務めるなど、活動の幅を広げている。


055-233-2031 桜座
メールにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴

大森靖子アルティメット自由字架ツアー 2024
大森靖子
4月14日(日)

開場16:15
開演17:00
一般チケット 5,000円
学割チケット 3,000円(要学生証)

https://eplus.jp/oomoriseiko24-hp/
(全自由/整理番号付/税込/ドリンク代500円別)

大森靖子+山之口理香子



お問合せ
HOT STUFF PROMOTION<br>
050-5211-6077
055-233-2031 桜座
未就学児童入場不可

Diamond ShakeTour 2024
ロックンロール黄金狂時代
Diamond Shake
5月12日(日)

開場17:00
開演17:30
前売 6,500円
当日7,000円
別途Drink500円
2月3日(土)発売開始

Diamond Shake
タ゛イアモント゛ ユカイ(Vo)
木暮”shake”武彦(G,Vo)


Diamond Shake
ダイアモンド シェイク
日本の音楽シーンを代表してきた、ウ゛ォーカルのタ゛イアモント゛ ユカイとキ゛ターのshakeは西武球場・武道館公演と勢力的に活動をやってきたか゛時代は流れ今のロックは2人か゛求めているロックとは違うと思い始めた。ラシ゛オから流れてくる曲にワクワクした青春時代を思い出す大人達と、ありとあらゆるものか゛溢れている中にいる若者、異なる音楽観を持つ世代をまたき゛、1周回って、いや 2周回って新しい、類い稀なロックオーラを持つ2人か゛繰り広け゛る、古くて新しいロックンロールの世界か゛存分に味わえるオンラインサロンを開設し、ロックンロールの再生をテーマに Diamond Shakeか゛動き出す。

ダイアモンド☆ユカイ(ヴォーカル)
1986年ロックバンド「RED WARRIORS」のウ゛ォーカルでメジャーデビュー。
人気絶頂の1989年、わずか3年の活動で解散。その後1990年にダイアモンドユカイとしてソロ活動を開始。同年「I’M THE BEST -世界の女は俺のもの-」、1991年「ピエロの囁き」、1992年「SHADOW BROWN & BLACK PIRATES」と立て続けに発表し、2022年にはソロデビュー30周年記念として三部作作品、『YUKAI BOX』を発表。舞台では、「ミスサイゴン」エンジニア役を演じ、日本武道館・西部球場に続いて帝国劇場のセンターに立った。映画では、代表作であるソフィア・コッポラ監督作品映画「LostInTranslation」で、業界人の特徴をつかんだCMディレクター役を好演し、ビル・マーレイと対峙した。大ヒットピクサー・アニメメーション「トイ・ストーリー」では日本語版主題歌「君はともだち」を担当し、2019年NHK紅白歌合戦にも出演。

木暮”shake”武彦(ギター)
1984年「レベッカ」のギター、ソングライターとしてCBSソニーよりデビュー。2枚のアルバムを制作後、脱退。1986年「RED WARRIORS」で再びデビュー。アルバム4枚を制作、武道館、西武球場などのライヴ活動後、1989年単身渡米。LAで結成し活動した多国籍バンド「CASINO DRIVE」をメインにアルバム3枚を制作し、5年半の音楽活動後帰国。1995年以降、ソロプロジェクト「サイコデリシャス」、「RED WARRIORS」再結成、2003年には富士山麓へ移住し、アートと宇宙をテーマにした「Mt.デリシャス」、地球の自然をテーマにしたアコースティックシリーズ、2013年より始めたピンク・フロイドトリビュート「原始神母」など活動は多岐にわたる。現在のソロプロジェクト「Big Mountain Blue」まで通算28枚のオリジナルアルバムをリリース。

055-233-2031 桜座
2/3よりメールにて予約受付
小学生、中学生無料!父兄同伴