配信チケット購入方法



貸し小屋規定
レンタルホール



Guideline
フライヤー印刷
furaiya



協力
商工会議所




桜座Cafe





CD DVD BOOK販売










ID sakurazakofu



facebook




貸し小屋規定



CD DVD BOOK
販売



フライヤー印刷
furaiya




ご来場時のお願い!
※新型コロナウイルス感染症拡散防止の為
■マスク着用 ■検温(体温37.5以上入場不可)体調確認
■手指の消毒、洗浄
■氏名と電話番号ご記入
■定期的に換気を行いますのでご承知下さい。
■密閉・密集・密接防止にご協力願います。
(入場制限あり、ご予約お願い致します)
■有観客&LIVE配信の場合撮影にご協力お願い致します。
ご迷惑をお掛けますがご理解の程
よろしくお願い申し上げます。


※ガイドライン

ご予約、ご連絡、など
メールはこちら
TEL 090-6155-9628


交通情報 <現在>
電車移動→ 中央線
バス&車移動→ 中央道全線状況


RAGA&MAQAM
11月24日(火)
開場19:00
開演19:30
前売3,000円
当日3,500円
別途1Drink 500円

伊藤公朗シタール
常味裕司ウード




伊藤公朗シタール
1953年、愛媛県禅寺の次男として生まれました。1977年、ガンジス河上流のヒンドゥー教の4大聖地のひとつ、バドリナート寺院に住む聖者に弟子入りを請うために、シタールを携え、当時外国人の長期滞在は許されていなかった聖地に向かいました。  聖者は、名をD.R.パルワティカル( D.R.Parvatikar)と言い、ビーン奏者であり、「ナーダヨーガ」と呼ばれる音楽を修行の方法とするナーダヨギで、ヴィーナ・マハラジ(Veena Maharaji)と呼ばれていたインドでも滅多にいない聖者でした。
常味裕司 つねみゆうじ
1960年、東京生まれ。日本では数少ないウード演奏家。
民族音楽センター(若林忠宏氏主宰)在籍中、アラブ音楽に出会う。
スーダンのウード奏者ハムザ・エル=ディン氏(2006年5月没)のもとで演奏法を学び、89年よりチュニジアへ渡りアラブ世界を代表するウード奏者 故アリ・スリティ氏(チュニス国立音楽院ウード科教授〔2007.4.5没〕)に師事、本格的にアラブ音楽を学ぶ。
93年のチュニジアでは、チュニス国営TV、メディナフェスティヴァルにてチュニジアの若手ウード演奏家モハメッド・ズィン・エル・アービディーン氏と共演。またチュニジアより来日した女性楽団「エル・アズィフェット」(アミナ・スラルフィー主宰)との共演や 2006年春 エジプト・カイロ オペラハウスにて現地ミュージシャンと共にコンサート開催(国際交流基金主催)、2006年末 チュニジア・ドゥースにおける「サハラ・フェスティバル」に参加など、音楽を通した文化・国際交流も盛んに行っている。
日本においては、アラブ・トルコ古典音楽を中心にソロ活動およびアラブ音楽アンサンブルFarha(ファルハ)やArabindia(アランビンディア)などを主宰し、様々な演奏家、舞踊家、パフォーマーと共演。
2007年(4月〜12月)放送のNHKスペシャル【新シルクロード 第2部】の音楽、録音にも携わる。
放送大学非常勤講師。これまでに大阪花博、大阪民族学博物館、浜松楽器博物館、琵琶湖芸術祭、京都建都1200年コンサート、寒河江さくらんぼ祭り、倉敷ハートランド2000、いのちの集い(大倉正之助主宰)、奈良新薬師寺、京都 法然院、戸隠五社奉納演奏、金沢史跡コンサート、古代エジプト文明と女王展コンサート、アレクサンドロス大王と東西文明の交流展コンサート、国連大学、中東学会、地中海学会でのコンサート等、大使館主催コンサート(チュニジア、サウジアラビア、エジプト、モロッコ、トルコ、ジブチ、オマーン、アラブ首長国連邦(UAE)、カタール、バーレーン等)での演奏、大使主催晩餐会では、皇太子御夫妻、秋篠宮御夫妻御前演奏を行う。
またシリーズ“オリエンタルから秩父へ”、“ウードと19世紀ギター”、“ウードソロコンサート”では演奏のみならず企画も手掛ける等幅広く活動し、その希有な存在はTV、ラジオ等でも多く取り上げられている。
更に最近では、シルクロードを音で旅する“東西琵琶物語”(ウード・リュート・中国琵琶・琵琶の共演)の企画にたずさわり、全国的にコンサートを展開している。

090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


即興プログレバンド
「大文字」

11月25日(水)

開場19:00
開演19:30
前売3,000円
当日3,500円
別途1Drink 500円
【有観客&LIVE配信】2,000円
配信チケット購入方法

ホッピー神山(Key,Vo)
吉田達也(Ds,Vo)
ナスノミツル(Bass)



即興なのにプログレ!? インプロヴィゼーション x プログレ=「インプログレ」を標榜する「大文字」が14年ぶりの新作3枚組CDの発売を記念してツアーを敢行。変拍子も自在な吉田・ナスノの強力リズム隊の上にムーグシンセサイザーが飛び交い、さらにはホッピー・吉田のツインソプラノまで飛び出すライブは必見!!

090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


秋山登志夫R&B NIGHT
11月28日(土)

開場19:00
開演19:30
前売2,000円
当日2,500円
別途Drink500円
【有観客&LIVE配信】1,500円
配信チケット購入方法

秋山登志(Vo G) KEY大戸(G)
テッド新津(B)マイティー前島(Ds)
三井一信(Key)飯島和信(Sax)
長谷部覚(Tp)



090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


木暮”shake"武彦 
弾き語りライブ〜Birthday Song〜

11月29日(日)
開場16:30
開演17:00
前売2,500円
当日3,000円
別途Drink500円
【有観客&LIVE配信】2,000円
配信チケット購入方法


木暮"shake"武彦
1984 年デビュー。レベッカ、レッドウォーリアーズで活躍したのち、1989 年、渡米。カリフォルニアで、5 年半の音楽活動。帰国後、2003 年、富士山麓へ移住、アートと宇宙をテーマにした、Mt デリシャス、地球の自然をテーマにしたアコースティックシリーズなど多数発表。現在、再結成レッド・ウォーリアーズの活動と並行して、BigMountain Blue と共にソロ活動中。2019 年、27 枚目のオリジナルアルバム「楽園の向こう側」を発売。
2020年、還暦を向え、自身の音楽人生を総ざらいする還暦ライブ「幻の60年~shake60's」を行う予定が新型コロナウィルス感染拡大の影響を受け、延期。その後の、アコースティック&エレクトリックソロツアー、BMBのツアー全てが延期となる。コロナ禍、stay homeを楽しく過ごせるようにと、初の歌本付き弾き語りCDを急遽リリース。それに伴いYouTubeでの「魔界のギター教室」を配信。ギター初心者から経験者まで、幅広く楽しまれている。
全ての予定が狂った2020年。長年温めてきたRED WARRIORSのセルフカバーアルバムを、思わぬタイミングではあるが、満身創痍でこの11月リリース。

090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


泉邦宏 KUMA LIVE
11月30日(月)
開場19:00
開演19:30
前売2,000円
当日2,500円
別途Drink500円
【有観客&LIVE配信】1,500円
配信チケット購入方法

泉邦宏(Vo.G.Sax.etc)
KUMA(Per)



サックス吹きであり歌い手であり作曲家であり、まあかっちょよく言えばマルチプレイヤー泉邦宏の近況や、キタカラレコードの作品発表とか、します。

090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


水ヒキ Session vol.1
12月5日(土)
開場18:00
開演18:30
前売2,500円
当日3,000円
別途Drink500円
【有観客&LIVE配信】2,000円
配信チケット購入方法

水谷浩章(B)
松井宏樹[sax]
橋本学[ds]





橋本学の「橋ワタシ学 Session」には何度か参加させてもらいましたが、初共演同士を取り持つというとてもユニークな企画です。長野県に移住して2年弱。そろそろ僕もこの地で動き始めようと思います。移住の先輩 橋本学、この夏に越してきた 松井宏樹のふたりを招いて「水ヒキ Session」第一弾を企画しました。甲信エリアで僕なりに出来る面白い事。多分この組み合わせは、良いと思う。乞うご期待!(水谷浩章)


090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


桜座2020-2nd
岩崎けんいちLIVE
12月6日(日)

開場15:30
開演16:00
料金2000円+ドリンク500円
【有観客&LIVE配信】1,500円
配信チケット購入方法


出演 岩崎けんいち
   オバタコウジ(guitar)
o.a 斎藤勇貴




今年を象徴する7月5日桜座のコロナ禍のワンマンライブから
半年後の12月6日日曜日にふたたび桜座で歌います。
『ここにいることがすべてのはじまり』というタイトルでお送りした7月の桜座、今回は『虹の下』
コロナ禍で歌が先回りして此処にいていいんだよと何度もハグしてくれました
最近は雨上がりに虹を見つけては慌てていました。
ちゃんと見たくて
幸せな気持ちになりたくて
小学生くらいの頃『虹の下に行くと幸せになれる』と誰かが言ってたのをずっと覚えてて 大人になっても虹を見つけては慌てています
虹の下で会いたい
そんな気持ちで
今一度前を向いて

配信チケット購入方法 【チケット要予約】
090-3917-5463
オフィシャルサイト
https://iwa-ken.com
小学生、中学生無料!父兄同伴

大村亘LIVE
12月12日(土)
開場18:30
開演19:00
前売3,500円
当日4,000円
別途Drink500円
【有観客&LIVE配信】2,000円
配信チケット購入方法

大村亘(Ds)
池戸祐太(G)
古谷淳(Piano)




大村亘Ko Omura Drummer, Composer and Tabla Player
1981年東京都出身。
幼少の頃よりアメリカで育ち、その頃よりクラシカルピアノを通じて音楽と触れ合う。青少年時代をオーストラリアで過ごし、高校に進学した時からドラムセットを本格的に学び始める。シドニー大学、シドニー音大ジャズ科に進学し、在学中より国内の素晴らしいミュージシャン達と演奏する機会を得る。中でも著名なのが故Art Blakeyが晩年共にツアーしていたテナー奏者Dale Barlow。氏とは師弟関係にもありながらも、多くのステージやレコーディングも経験した。
在豪時にはオーストラリアの若手の登竜門で著名なBilly HydesDrumcraftドラムコンペにおいても優勝し、SABIAN CYMBALともスポンサー契約を結んだ。Jazz, World Music, Pops等ジャンルを問わず多岐に渡る活動を展開する。
2006年帰国し、活動拠点を東京に移す。横浜JAZZ PROMENADE 2006, 2008, SAPPORO INTERNATIONAL JAZZ FESTIVAL 2008, TOKYO JAZZ 2008, 2009,
NHK Session 2010~2013, NHK-BSエルムンドなどといったメジャーなジャズフェスティバルや番組にも多数出演。海外のアーティストとも共演が多く、中には元ECMアーティストであるMIKE NOCK氏のトリオ、米グラミー賞ノミネートのBARNEY MCALL氏のトリオ等をはじめ、国内問わず海外のアーティストからも厚い信頼を得ている。今までで公演した国はインド、ヨルダン、中国、香港、台湾、アメリカ、オーストラリア。2013年からはインド古典音楽界の若き巨匠、タブラのグルであるPandit Yogesh Samsiに弟子入りし、タブラの音節やインド音楽の研磨も開始した。2015年に文化庁より新進芸術家海外研修員として選定され2016年年明けよりインドムンバイにて80日間の研鑽を行う。現在は自己のトリオはじめ、Mike Rivettts,electronics)佐藤浩一(p)池尻洋史(b)からなるカルテットBungalow,中村真Trio, 小沼ようすけTrioの他にフリーで様々なプロジェクトに参加している。

池戸祐太(いけど ゆうた)1983年生まれ、岐阜県出身。
14歳よりギターを始め高校卒業後、神戸の甲陽音楽院に入学、様々な音楽を経験しジャズギターに目覚める。また在学中にギタリストMike Sternと共演する。同校を卒業後単身オーストラリアに渡豪。現地のミュージシャンと音楽活動をし帰国前にはテナーサックスのDale Barlowをゲストに迎え現地のミュージシャンとレコーディングをする。帰国後、地元である岐阜でホテルの館内音楽の制作等の音楽活動をし、2008年に上京。現在は自己のバンドでのライブ活動の他、様々なセッションや、ギターレッスン等で都内を中心に活動している。

古谷 淳(ふるや じゅん):ピアニスト/作曲家 高校より渡米。オハイオ州グレンオークハイスクールのビッグバンドのピアニストとしてアメリカ国内と カナダで演奏。カリフォルニアのオレンジコーストカレッジに進学後ボストンのバークリー音楽院へ編 入。ジェフ・コヴェル氏、ケニー・ワーナー氏に師事。バークリー在学中よりプロとしてボストン、ニュ ーヨークを中心に音楽活動を始める。コンサート、レコーディングに多数参加しトップジャズミュージシ ャン達と交流、共演を重ねる。2000年に米国アーティスト・ビザ取得後はアメリカのみならず日本、カナ ダ、韓国でも演奏活動を行う。2005年より活動拠点を日本に移す。出身地山梨県に家族と共に居住しなが ら現代の日本のジャズのメジャーシーンで精力的に活動中。演奏者としての独特なスタイル、作曲家とし ての感性に高い評価を得ている。大村亘(ds)、平麻美子(v)、松下マサナオ(d/ YaseiCollective)、ら数多くのグループで活躍する傍ら、音楽教室を主宰。クリニックやコン ペティションの選考委員、学校でのコンサート等後進の指導や音楽を通じた育成活動にも積極的に参加し ている。新進気鋭のミュージシャンが名を連ねるジャズ・レーベルD-MUSICAから1stアルバム 「Exprimo」(2009)をリリース。レーベル主宰者でもあるベーシスト安カ川大樹のアルバム「Trios」 (2010)に参加。同レーベルから2ndアルバム「HomeSongs」(2011)をリリース。(*収録曲『Home』は 2014USASongwritingCompetitionにてファイナリスト選出)NYCで活躍のシンガー平麻美子のアルバム 「HeartsCalling」(2015)に参加。2017年、未知のジャズをテーマに国内外から厳選した音楽をジャンル に囚われることなく届けるソングエクスジャズ社より最新リーダーバンド「TheOthersideQuartet」の1st アルバム『Southbound』リリース。第9回富士山・河口湖映画祭グランプリ作品『春待ちかぼちゃ』(五藤利弘監 督)音楽担当。 毎週月曜日21:30放送のYBSラジオ番組Southboundナビゲイター。2020年春、自身初となるソロ・アルバム『Jun Furuya Piano Solo』をリリース。

090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


やまなし大使・桃太郎俳優
神木優独演会 in桜座
12月13日(日)

開場14:30
開演15:00
前売2,000円
当日2,500円
別途Drink500円
【有観客&LIVE配信】1,500円
配信チケット購入方法




〜桃太郎から学ぶ人生をより楽しく生きる方法〜
(漫談・落語・舞踊など)
俳優・桃太郎俳優R・桃太郎研究家R・やまなし大使・(岡山桃太郎の会公認)桃太郎大使。
大阪出身。元マジシャン。
●ひとりエンタメ「MOMOTARO」日本全国公演、アメリカ、オーストラリア公演。
●演劇ユニット「ながれぼし」
●書籍「きびだんごの法則」
●過去代表作品「天地人」「花嫁のれん」「LOVE理論」「かぶき者慶次」

090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


小林萌里 大柴 拓
TANGO DUO

12月18日(金)

開場18:30
開演19:00
前売3,000円
当日3,500円
別途1Drink 500円
【有観客&LIVE配信】2,000円
配信チケット購入方法

小林萌里(ピアノ)
大柴 拓(ギター)



小林萌里(ピアノ)
2012年東京音楽大学卒業。在学中、学内演奏会、ピアノ卒業演奏会等に出演。
第57回全日本学生音楽コンクール東京大会ピアノ部門中学生の部入選。
ヤングアーチストピアノコンクール第20回G部門銀賞(最高位)。
第5・6回日本バッハコンクール全国大会入選。
第7回ジュラキリュ国際ピアノコンクール一般部門審査員賞。
2016年茨城県新人演奏会出演。
これまでにピアノを林玲子、上中典子、深澤亮子、武田真理、鈴木弘尚、
エリック・ダヴァスティエルナ、パブロ・リーグレルの各氏に師事。
2012年・2015年にパブロ・シーグレルによるタンゴアカデミーを受講。
2015年「Nuevo Tango de una Noche de Verano」に出演。
現在、クラシックとタンゴ音楽でソロ・アンサンブル等で活動中。
2017年米国stowe tango music festivalに参加。
アルゼンチンにてH.ポセッティ、P.エスティガリビア、N.レデスマ各氏にレッスンを受ける。

大柴 拓(ギター)
大柴 拓 (おおしば たく) - ギタリスト・作曲家・グラフィックデザイナー。 『大柴拓カルテット』『Ensemble para furores』をはじめ数多くの主宰企画を抱える。音楽以外との共作にも力を入れ、役者も加えた全11人の大編成で新作”音楽劇”の製作・初演を超満員にて成功させたほか、朗読、ダンス、自身が製作したプログラミング映像やアニメーションとの共演も重ねる。またデザイン個展も開催するなど、音楽だけに留まらない活動が大きく注目されている

090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


中村達也DRAM SOLO
12月19日(土)

開場17:30
開演18:00
料金5,000円
別途1Drink 500円


10代の頃から多くのバンドを組んでおり、高校時代にはSHOCKERS、OXYDOLL、the 原爆オナニーズ、ザ・スターリン、THE GOD、MASTURBATION、NICKEY & THE WARRIORS、the 原爆オナニーズ(再加入)、THE STAR CLUB、THE GOD(再加入)等で活躍していた。その後、浅井健一に誘われ、照井利幸と共にBLANKEY JET CITYを結成する。1990年から同バンドで精力的に活動し、数多くの作品を残した。
ブランキー時代にLOVE SHOP LOSALIOS名義で初ソロ作品を浅井、照井らと共に発表した。1999年には、青木達之の急逝により以前サポートを務めた東京スカパラダイスオーケストラの面々と共に「世界地図は血の跡」を発表する。2000年ブランキーが解散するが、それから2年後、東京スカパラダイスオーケストラの加藤隆志(ギター)、元RIZEのTOKIE(ベース)、武田真治(サックス)を擁してLOSALIOSを再始動させ「Colorado Shit Dog」を発表した。その後も、LOSALIOSで次々と作品を生み出す。
2003年には、ジョン・ゾーンやビル・ラズウェルとのセッションアルバム「Buck Jam Tonic」が発表された[1]。2006年には豊田利晃、勝井祐二 (ROVO) らと共にTWIN TAILを結成、のちにBLANKEY JET CITY時代の盟友、照井利幸が同バンドに参加した。また、レックと2人編成でフリクション名義でライブを行うなどの活動を続けている。
固定のバンドで活動をする傍ら、山下洋輔、大友良英、近藤等則、勝井祐二、GOMA、スガダイロー、ビル・ラズウェルらとのフリーセッションも屡々行っている。また、異形の相手でもある画家の黒田征太郎とのライブペインティングや舞踏家の田中泯との創作ライブ「ニホンオオカミの足跡」でもドラムの独奏で公演の表現を担っている。
2009年12月に公開された『蘇りの血』(豊田利晃監督)で主演を務める。
2010年のNHK大河ドラマ『龍馬伝』最終話では、京都見廻組隊士・佐々木只三郎役でゲスト出演した。
2011年、斉藤和義とMANNISH BOYSを結成。2019年現在までにシングル3枚、アルバム3枚、EP1枚を発表。ロックイベント、全国ツアー等で活動中。
2012年、チバユウスケ、イマイアキノブとThe Golden Wet Fingersを結成。仲井戸麗市とthe dayを結成。OXYDOLL再結成(東京・名古屋にて活動中)。

090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


桜座年末恒例興行
渋さ知らズオーケストラ
12月26日(土)

開場16:30
開演17:00
前売4,500円
当日5,000円
別途Drink500円




1989年「発見の会」演劇公演の劇伴を担当した不破大輔を中心に渋さ知らズは吉祥寺でその産声をあげた。ジャズ・ロック・ラテン・ポップス・フォークに、果ては演歌までが混在する脱ジャンルの音楽性に舞踏・美術・映像・DANCE・照明・音響までもが渾然一体となったそのステージは痛快な娯楽にして前衛。体験型エンタテインメントであり同時に偉大なアンダーグラウンドのサブカル集団。
‘98年ユーロ渋さ発動。4度のヨーロッパツアーを行い、前衛音楽祭として世界的に著名なドイツの「メールスジャズ祭」に連続して呼ばれ、2000年の公演ではメインステージのトリを務め巨大サーカステントが満員御礼の札止めとなる大盛況を得る。その一週間後にはニューヨーク在住のミュージシャンの間では噂でもちきりだったという逸話がある。’02年には英国「グラストンベリーフェスティバル」のメインステージにも招かれ、そして’05年は約5ヶ月にも及ぶ東欧・西欧29ケ所45公演を含む怒濤の旅となった。国内でも’01年にフジロックに初登場以来、4年連続の出演。’04年にはライジングサンにも出演をし、’06年に国内で最大級のJazz Festival「東京Jazz」に招かれた。最新のメジャーレーベル第2弾作品「渋響」はそのレコーディング手法からなる音のダイナミズムに音専誌、オーディオ誌をはじめカルチャー誌にまで世界的に優れた作品であるという高い評価が話題を振りまいた。常に聴衆を引きずり込む圧倒的なパフォーマンスで音楽ファンだけでなく、演劇や舞踏・DANCE・美術ファンまで多種多様な人々を魅了しつづけてきた日本が世界に誇るカテゴリー不可な音楽集団。トータルアングラ舞台パフォーマンス、渋さ知らズ。

090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


桜座今年最終公演
三上寛 LIVE
12月29日(火)

開場14:30
開演15:00
前売3,000円
当日3,500円
別途Drink500円
【有観客&LIVE配信】2,000円
配信チケット購入方法

三上 寛 (シンガー・詩人・俳優)
ゲストあり



三上 寛 (みかみ かん)プロフィール
シンガー・詩人・俳優・・・・ 
1950年3月20日青森県北津軽郡小泊村(現・中泊町)に生まれる。67年同郷の詩人、寺山修司などの影響を受けて現代詩を書き始める。 69年ライブ活動開始。71年レコードデビュー。タブーな性言語、日本の呪われた風習を題材にした「怨歌」を歌いセンセーショナルを巻き起こし、 日本を代表するフォークシンガーとして確立。デビュー50年・古稀を間もなく迎えて、 青森という土地をバックボーンにパワー溢れる津軽を原風景とした人間の 生き様を歌う自作の唄は、昭和・平成を越えて、新しい令和という時代の津軽民謡なのかもしれない。また詩人として詩集やエッセイも著書多数。ほかフィールドは広く、俳優(映画「世界で一番美しい夜」 「戦場のメリークリスマス」「トパーズ」などに出演) レポーター(NHK-TV「ふだん着の温泉」)などで活動。

090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


残響SWIFT
1月20日(水)
開場19:00
開演 19:30
前売4,000円
当日4,500円
別途Drink500円
※同時配信予定(詳細後日

壷井彰久(vl)
佐藤芳明(acc)
伊藤志宏(pf)
ファルコン(g)、
渡辺庸介(per)




090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


GUSH
2月28日(日)
開場18:00
開演18:30
前売3,000円
当日3,500円
別途Drink500円
有観客生ライプ&同時配信2,000円
配信チケット購入方法

水谷浩章(B)
加藤宗之(G)
芳垣安洋(Ds)




ここ数年、様々なチャレンジを続けながら僕の中でひとつの拠り所となっているユニットです。基本的に加藤さんのオリジナルを演奏しますが、曲とインプロヴィゼーションが常に併走しているような不思議なバランスの中で生まれるハプニング。とてつもなく刺激的で病み付きになりますよ。気がつけば前回のライブから1年ぶり、ここ桜座に集結して再開します。お聴き逃しなく!(水谷浩章)

090-6155-9628 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


復活桜座宣言  |  スタッフ紹介  |  古い「櫻座」  |  次回の公演  |  過去の公演
お知らせ  |  地図  |  お問い合わせ  |  リンク  |  トップページ

随時更新
Copyright (C) 2005〜 sakuraza. All Rights Reserved.
〒400-0032 1-1-7 Chuo koufushi Yamanashi City japan
TEL 090-6155-9628 MAIL:kofu@sakuraza.jp