配信チケット
購入方法
貸し小屋規定
レンタルホール
フライヤー印刷
furaiya
協力
商工会議所
桜座Cafe

CD DVD BOOK販売
ID sakurazakofu
facebook



ご来場時のお願い!
※新型コロナウイルス感染症拡散防止の為
■マスク着用 ■検温(体温37.5以上入場不可)体調確認
■手指の消毒、洗浄
■氏名と電話番号ご記入
■定期的に換気を行いますのでご承知下さい。
■密閉・密集・密接防止にご協力願います。
(入場制限あり、ご予約お願い致します)
■有観客&LIVE配信の場合撮影にご協力お願い致します。
ご迷惑をお掛け致しますがご理解の程
よろしくお願い申し上げます。



感染症対策グリーン・ゾーン認証


ご予約、ご連絡、など
メールはこちら

TEL 055-233-2031桜座

交通情報 <現在>
電車移動→ 中央線
バス&車移動→ 中央道全線状況


過去にメールマガジンを受信していた方へお知らせ
2021/04/26よりサーバー更新の関係により
メルマガへの再登録をお願い致します

■メールマガジン発行しております、ご希望の方は下記より登録して下さい。
お名前 メールアドレス
各種SNS


長谷トシ・トリオ
12月4日(土)

開場18:30
開演19:00
前売2,000円
当日2,500円
別途Drink500円
有観客&LIVE配信2,000円
配信チケット購入方法

長谷季樹(Piano)
河合来実(Bass)
柳明日香(Drums)



055-233-2031 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


YAKANZURU meets VJ michel
12月5日(日)

開場17:30
開演18:00
前売2,500円
当日3,000円
別途Drink500円
有観客&LIVE配信1,500円
配信チケット購入方法

YAKANZURU a.k.a. kuma-chang(per.kamele ngoni.ets)
michel(Vj)



055-233-2031 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


勝井祐二+沼澤尚+Kamiyann
12月6日(月)
開場19:00
開演19:30
前売3,500円
当日4,000円
別途Drink500円
有観客&LIVE配信2,000円
配信チケット購入方法

勝井祐二-violin
沼澤 尚-drums
Kamiyann-上村勝彦


◆勝井祐二-violin
様々な音楽家とのセッションやソロ演奏でエレクトリック・ヴァイオリンの表現の可能性を追求し続ける。
1996年、山本精一と共に「ROVO」結成、今年で25周年。バンド編成のダンスミュージックで、90〜00年代以降のオルタナティブ〜野外フェスティバルのシーンで活動する。フジロックフェスティバル2021では通算10回目の出演をした。
◆沼澤 尚-drums
1983年大学卒業と同時にLAの音楽学校P.I.T.に留学。JOE PORCARO, PALPH HUMPHREYらに師事し、卒業時に同校講師に迎えられる。2000年までLAに在住し、CHAKA KHAN, BOBBY WOMACK,AL.McKAY&L.A.ALL STARS,NED DOHENY,SHIELA E.などのツアー参加をはじめ数々のアーティストと共演しながら13CATSとして活動。2000年に帰国してから数えきれないアーティストのレコーディング/ライブに参加しながらシアターブルック,blues.the-butcher-590213,OKI DUB AINU BAND,NOTHING BUT THE FUNK,Koji Nakamura,河村隆一,小沼ようすけ,大貫妙子,臼井ミトン,MY LITTLE LOVER,加山雄三など様々なシーンで活躍するドラマー。
◆Kamiyann-上村勝彦
メジャーからアンダーグラウンドまでフェス/テクノシーンをはじめありとあらやる音楽シーンに欠かせない、日本が世界に誇るPA/DUB Mix-エンジニア、Kamiyannこと上村勝彦。数えきれない国内外のアーティストのPA/DUB Mix-エンジニアとして活躍中。

055-233-2031 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


KEIKO LEE 公演
12月9日(木)

開場19:00
開演19:30
前売6,000円
当日6.500
別途Drink500円
主催:(有)アプローズ

KEIKO LEE(Vo)
野力奏一(Piano)
岡部洋一(Per)



ケイコ・リー
21才から独学でピアノを弾くようになり、ピアニストとして名古屋のクラブで歌手の伴奏を経験した後、徐々にシンガーへと転向。95年のデビュー作『イマジン』以来、ライブ盤・ベスト盤を含む23タイトルのアルバムをはじめ、ミニ・アルバム、DVDなど多くの作品をリリースしている。
存在感のあるヴォーカル・スタイルとディープなヴォイスが評判を呼び、共演したミュージシャンから「楽器と対等に渡り合える歌手」と注目を集め、「低音で深く胸に染み渡る歌声は、一度聴けば忘れることはない。」等、各紙で絶賛される。その即興性と瞬発力にすぐれたパフォーマンスの評価は高い。
幅広いファンを獲得する契機となったのは、2001年の日産ステージアCMソング「ウィ・ウイル・ロック・ユー」の大ヒット。翌年2月に発表した初のベスト・アルバム『ヴォイセズ』は累計25万枚の大ヒット作となった。このベスト盤は、人気男性デュオCHEMISTRYに提供し、堂珍嘉邦とデュエットした楽曲「星たちの距離」の英語バージョンを収録したことでも話題に。
2003年5月スイングジャーナル誌主催「日本ジャズメン読者人気投票」では女性ヴォーカル部門の第1位に加え、総合部門の頂点でもある「ジャズメン・オブ・ザ・イヤー」「アルバム・オブ・ザ・イヤー」の三冠を獲得した。09年5月には同人気投票女性ヴォーカル部門で堂々13年連続(トータル15回)の第1位に輝く。香港・台湾・韓国ほかアジアでも人気を博し、セールスも好調。人気・実力ともNo.1ジャズヴォーカリストとして国内外で人気を確立している。
近作としは、名曲ばかりをケイコ・リー・スタイルでしなやかに歌い上げた『ケイコ・リー・シングス・スーパー・スタンダーズ』(02年)、全曲オリジナルでメロディ・メイカーとしての才能を存分に発揮した『Vitamin K』(03年)、大ベテラン、ハンク・ジョーンズ(p)との共演ミニ・アルバム『バット・ビューティフル』や、初のDVD『ライブ・イン・トーキョー2003』など、旺盛な創作意欲を見せ続けている。ジャズの帝王マイルス・デイビスのレパートリーを集めた『フーズ・スクリーミン』(04年)は荒木経惟氏によるジャケット写真も注目を集めた。
アルバムデビュー10周年を迎えた2005年には、長年の活動を支えてきたファンの声を反映したベスト盤、『ヴォイセズ・アゲイン』をリリース。自ら日本語による作詞を手掛けた作品も発表。2006年ハンク・ジョーンズとの『ライブ・アット・ベイシー』はスイングジャーナル誌「日本ジャズ賞」に輝く。
2007年『イン・エッセンス』では久しぶりのNY録音を敢行。自らの青春を彩り音楽性のベースとなった洋楽の名曲をケイコ・リー流にカヴァーしている。
2008年3月ジャズのジャンルにとどまらないポップサイドベスト『Another Side Of Keiko Lee』、10月には『デライト』をリリース。
2009年CHEMISTRYの堂珍嘉邦と再度のコラボレーションが実現。その他CM、TVドラマ主題歌など、ますます幅広く活躍中。10月に『フラジャイル』をリリース。
2010年、アルバム『スムース』をリリース。
2011年、3枚目のベスト・アルバム『VOICESIII』をリリース。

主催:(有)アプローズ
055-233-2031 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


菊田俊介LIVE
12月10日(金)

開場18:00
開演19:00
前売3,000円
当日3,500円
別途Drink500円
有観客&LIVE配信 2,000円
配信チケット購入方法

菊田俊介(Vo,G)
津村朋信(G)
加藤ケージ(Key)
Ted新津(B)
古屋テツ(Ds)



055-233-2031 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


ツキノマグマ
12月11日(土)

開場 18:30
開演 19:00
前売3,000円
当日3,500円
有観客&LIVE配信2,000円
配信チケット購入方法

水谷浩章 bass
松井宏樹 sax
芳垣安洋 drums



2本の旋律と打楽器によるアンサンブル、既製のフォームに捕らわれないインプロヴィゼーションとが自在に絡み合う、サックス、ベース、ドラムのトリオ。伊那から水谷、松本から松井、東京から芳垣が、甲府に集結します。月間「水谷企画」の年末総決算を! というオファーをいただきましたが、敢えて来年に向けての決意のような新ユニットで臨みたいと思います。

055-233-2031 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


岩崎けんいち桜座
【GOOD TIMES MUSIC vol.1】
12月12日(日)

開場15:30
開演16:00
料金2,000円
別途Drink500円
LIVE配信をご利用ください。
有観客&LIVE配信
配信チケット購入方法


岩崎けんいち(vocal&guitar)遠藤秀哉(bass&cho)
永宮仁志(guitar&cho)faire弦楽四重奏
山口直也(落語)高部久理子(詩の朗読)
Kyoko Inoue(HULA)セバスチャン(ストーリーテラー)
Canape(cast a spell)



岩崎けんいちです。
歌を作って歌ったり、絵を描いたりしています。それが僕の仕事です。
好きな食べ物はきんぴらごぼう、カツ。
苦手な食べ物は牛乳、生卵、しいたけ、ほうれん草。
好きなミュージシャンはザ・ビートルズ、ボブ・ディラン、忌野清志郎。外国に憧れて山の向こうばかり見ていました。
音楽との出会いは中学生の時、音楽教師の山田勇先生の影響です。
バンドを始めたのもオリジナル曲を作り始めたのも20歳過ぎてから、ちょっと遅いけどずっと続けてるとやめる理由が見つからなくなっていつの間にかカンボジア行ったり、学校へ行ったり、可能性がどんどん広がって僕の世界も広がってどこまでも続いてきたようです。そんな僕の終わらない旅の始まりから今までを書いてみたよ。
僕のことをよく知ってる人も、知らない人も是非見てください。

055-233-2031 桜座
メ−ルにて予約終了

小学生、中学生無料!父兄同伴


Naked The Live
12月14日(火)
開場19:00
開演19:30
前売2,000円
当日2,500円
有観客&LIVE配信料金1,500円
配信チケット購入方法

都積 輝(Vo G)
丸山智洋(Bass Cho)
秋山トシ(Ds)




055-233-2031 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


古谷淳+野瀬栄進 Piano Duo
古谷めぐみ(Vo)
12月16日(木)

開場 18:30
開演 19:00

野瀬栄進(Piano)
古谷淳(Piano)
古谷めぐみ(Vo)



古谷淳(Piano)
ピアニスト/作曲家 高校より渡米。オハイオ州グレンオークハイスクールのビッグバンドのピアニストとしてアメリカ国内と カナダで演奏。カリフォルニアのオレンジコーストカレッジに進学後ボストンのバークリー音楽院へ編 入。ジェフ・コヴェル氏、ケニー・ワーナー氏に師事。バークリー在学中よりプロとしてボストン、ニュ ーヨークを中心に音楽活動を始める。コンサート、レコーディングに多数参加しトップジャズミュージシ ャン達と交流、共演を重ねる。2000年に米国アーティスト・ビザ取得後はアメリカのみならず日本、カナ ダ、韓国でも演奏活動を行う。2005年より活動拠点を日本に移す。出身地山梨県に家族と共に居住しなが ら現代の日本のジャズのメジャーシーンで精力的に活動中。演奏者としての独特なスタイル、作曲家とし ての感性に高い評価を得ている。大村亘(ds)、平麻美子(v)、松下マサナオ(d/ YaseiCollective)、ら数多くのグループで活躍する傍ら、音楽教室を主宰。クリニックやコン ペティションの選考委員、学校でのコンサート等後進の指導や音楽を通じた育成活動にも積極的に参加し ている。新進気鋭のミュージシャンが名を連ねるジャズ・レーベルD-MUSICAから1stアルバム 「Exprimo」(2009)をリリース。レーベル主宰者でもあるベーシスト安カ川大樹のアルバム「Trios」 (2010)に参加。同レーベルから2ndアルバム「HomeSongs」(2011)をリリース。(*収録曲『Home』は 2014USASongwritingCompetitionにてファイナリスト選出)NYCで活躍のシンガー平麻美子のアルバム 「HeartsCalling」(2015)に参加。2017年、未知のジャズをテーマに国内外から厳選した音楽をジャンル に囚われることなく届けるソングエクスジャズ社より最新リーダーバンド「TheOthersideQuartet」の1st アルバム『Southbound』リリース。第9回富士山・河口湖映画祭グランプリ作品『春待ちかぼちゃ』(五藤利弘監 督)音楽担当。 毎週月曜日21:30放送のYBSラジオ番組Southboundナビゲイター。2020年春、自身初となるソロ・アルバム『Jun Furuya Piano Solo』をリリース

野瀬栄進(Piano)
Eishin Nose, a jazz pianist, composer and arranger, is a native of Otaru, Japan, currently residing in New York City.
Eishin moved to California in 1992 to study at Foothill College, south of San Francisco, where he performed as pianist in a jazz band. He joined the jazz vocal group, “Fun Fair” which toured venues & jazz festivals all around the Bay Area. Fun Fair released their first album in 1995 and won the 18th Annual Downbeat Magazine Award.
That same year, Eishin moved to New York City, where he enrolled at the renowned Mannes College of Music and The New School, where he obtained a Bachelor’s of Fine Arts Degree in Music.
He studied with Richie Beirach, Jaki Byard, Phil Markowitz and Russ Lossing, as well as with classical pianist, German Diez.
Eishin has since collaborated with dozens of phenomenal musicians over the years including, Satoshi Takeishi, James Cammack, Matt Wilson, Gregorie Maret, Yosuke Inoue, Eliot Zigmund, Jeff Williams, Tim Armacost, Travis Sullivan,Bob Meyer, Dave Ambrosio Joe Morello, Pheeroan Aklaff, Lonnie Plaxico, Duan Cook, David Smith, Taro Koyama, Shunzo Ohno, Fukushi Tainaka, Satoshi Inoue, Rikiya Higashihara, Sumiko Yoseyama, Brooklyn Gig Band, and many others.
“Here Now Hear”, Eishin’s first album, was released in 2001 featuring Yosuke Inoue on bass, Matt Wilson on drums, and Gregorie Maret on harmonica. One of his compositions from his album, “Remember to Remember” was featured on the international television channel “News Express FCI” in the United States and JSTV “FNN NEWS” in Europe.
In 2003, Eishin was awarded the 95th Annual Gold Disc Award by the popular Japanese jazz magazine, "Swing Journal".
In 2009, Eishin was awarded the S&R Foundation’s Washington Award, presented annually to talented young artists in any of the fields of fine arts, music, drama, dance, photography, and film. The award is especially intended to encourage these individuals who contribute significantly to international collaboration. So far, Eishin is the only person to win for jazz.
In 2015, 2017, 2019, five of his original tune were chosen as best 10 songs among more than 15,000 songs in an international songwriting competition.
Eishin's dynamic and lyrical sound coupled with his bold and adventurous qualities as a composer and jazz performer, find him making numerous appearances at such legendary venues as the “Blue Note”, “Stone” & “Knitting Factory” in New York City, as well as “Kitara Hall”, “Ooga Hall” and “Blue Note” in Japan. Beside U.S and japan, he has been performing in Mexico, Peru and Argentina.
In addition to his jazz works, Eishin has also collaborated with the Sapporo Symphony Orchestra and Shizuoka Symphony Orchestra in Japan on the George Gershwin classic “Rhapsody in Blue”, to prodigious acclaim.
Eishin is a prolific composer, whose portfolio exceeds well over one hundred pieces of original music, and 15 albums. His innovative works have been heard on television and films. He has drawn worldwide attention for his unique vision, free creative style and passionate expression.
As a performer and composer, he possesses a distinct voice with individual lyrical melodious, rich sophisticated harmonies, boldly dynamic rhythms and effortlessly cool undertones. He continues to explore multi-cultural music as an innovative improviser and composer conveying his intrinsic talent and unique sound to people all over the world.

古谷めぐみ(シンガー)
山梨県笛吹市出身
98年に大学進学の為渡米。 NYU(ニューヨーク大学)に在学中よ
り 作曲家でジャズシンガーの AnnePhillipsに師事。2002年卒業
後か らジャズシンガーとしての活動を開始 する。 Shiela Jordan
の演奏スタイルに衝撃を 受け、Shielaと親交の深いシンガーJay
Clayton にも師事、歌詞とメロ ディーを歌うだけではなくス
キャット や自分の声を使って楽器と同じように 音楽に関わる事へ
の関心を深める。 在米中にNYジャズシーンで活躍する ミュージ
シャン達とのパフォーマンス やレコーディング、ローカル局のCM
ソングやナレーションを経験し2005年帰国。ニューヨークでの活
動を通し知り合っ た素晴らしいミュージシャン達を招いての演奏
活動等行う傍ら古谷音楽教室にてボイストレイナー兼ジャズボー
カル講師を務めている。
また7年間の在米生活と在米前の児童 英会話教室での講師経験を
生かし、 英会話レッスン、通訳や翻訳の依頼に も応じている。
*英語教室『話せる大人の英会話』 『音楽を通して学ぶ子どもの英
会話』 を主宰

055-233-2031 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


泉邦宏SESSION NIGHT
12月17日(金)
開場19:00
開演19:30
前売3,000円
当日3,500円
別途Drink500円
有観客&LIVE配信2,000円
配信チケット購入方法

泉邦宏(vo.g.as)
本藤美咲(B Sax)
横山知輝(Bass)



泉邦宏(vo.g.as)
サックス吹きであり歌い手であり作曲家であり、まあかっちょよく言えばマルチプレイヤー泉邦宏の近況や、キタカラレコードの作品発表とか、します。

055-233-2031 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


RED ~rainbow Christmas2021 TOUR
12月18日(土)

開場 18:30
開演 19:00
前売5,000円
当日5,500円
別途Drink500円
有観客&LIVE配信2,500円
配信チケット購入方法

出演:三宅伸治&the spoonful
三宅伸治 (vo.g)
高橋” Jr.” 知治 (b)
KOTEZ(hca)、
茜 (ds)




三宅伸治(みやけしんじ)
ブルースやソウルに根ざしたロックンロールを歩み続けるヴォーカリスト/ギタリスト。
1987年に「BACKしよう」(MOJOCLUB)でデビュー。1989年東芝EMIよりメジャーデビュー。同時期、覆面バンドタイマーズとしても活動する。MOJOCLUB活動休止後はソロ活動を開始、全国各地で精力的にライブを行う。様々なアーティストとユニットを組んで、ライブ活動を行ったり、数多くのセッションでイベントなどにも参加。また忌野清志郎&NICE MIDDLE with NEW BLUE DAY HORNSのバンマスとして活動し、清志郎氏との共作で楽曲も多く手掛けた。
近年では様々なアーティストのプロデュースも手掛ける。最近では、「三宅伸治&the spoonful」 [ 高橋”Jr.”知治(ba)KOTEZ(hca)茜(dr) ]、「オーバーオールズ」[石塚英彦(vo)グレートマエカワ(ba)石塚幸作(dr)]、また自身のイベントでのセッションをきっかけに鮎川誠氏、友部正人氏と3人で「3キングス」としてのライブ活動も行っている。
弾き語りからバンドスタイルと独自のロックンロール道を突き進むソロ活動は、北は北海道から南は九州・沖縄まで年間180本にも及ぶライブを行うその勢いから目が離せない。

055-233-2031 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


MUGAMICHILL/ムガミチル
HOPE tour 2021@ 桜座  
12月19日(日)

開場16:00
開演16:30
前売5,000円
当日5,500円
別途Drink500円
25歳以下 2,500円
高校生以下 無料 ※運転免許証など年齢がわかるものをご用意下さい。

ナスノミツル(bass, electric devices)
中村弘二(guitar, samples)
中村達也(drums, enthusiasm)



インプロセッションの延長線上に浮上した色彩感、透明感、アンビエンスを融合し最大限に放出する、ナスノミツルがコアを担う新機軸ダークロックユニット。
2016年12月に起動。
2017年4月にファーストライヴ録音から再構築と加筆を施したCDーR「POLAND」を、12月に姉妹盤「BIRDS」をリリース。
前後して既成曲のオリジナルデモ音源「demo edition」「demo edition 2」発表。
2018年「BIRDS」西日本ツアー及び東北ツアー敢行。
8月「MUGAMICHILDREN」リリース。
2020年 9月「MUGAMICHILDREN 2」リリース。
10月?11月にかけて同タイトルのツアー開催予定。
そのハードアンビエントサウンドの広がりは、
混迷する地球に文化的貢献を拡散させながら、美しく遥かに…彷徨中。

055-233-2031 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


桜座JAM SESSION#65
12月22日(水)
開場18:00
開演18:30
前売1,000円
当日1,500円
別途Drink500円

古谷淳(p)
龍野充(g)
稲葉順子(b)
大山勲(ds)



日本だけならず世界各地、そして各方面からユニークなアーティストがライヴやパフォーマンスのため訪れる甲府中心街の桜座で4月からジャムセッションが催されることになりました!対応ジャンルはロック、ポップス、ジャズやファンク、ヒップホップを始めとするブラックミュージック全般、ブルースなどなど。楽器が弾ける方なら誰でも参加可能の愉快なセッションになっております。楽器を始めたばかりの方やセッション初心者の方でもホストバンドがしっかりサポートしますので安心です。もちろん観戦のみの方も大歓迎!様々な情報交換や交流、出会いの場、
そして単純にエンターテイメントとして楽しめる空間にしていこうと思いますので皆様お楽しみに。

055-233-2031 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


1st Solo Album「Hideout Sessions」& Drum Accessories Brand「TARA:NOME products」
松下マサナオ/Masa Matsushita
Release & Launch Solo Tour 2021
追加公演!@甲府桜座
12月24日(金)
開場19:00
開演19:30
前売3,500円
当日4,000円
別途Drink500円
有観客&LIVE配信2,000円
配信チケット購入方法

松下マサナオdS
feat.和久井沙良p、古谷淳p





055-233-2031 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


桜座恒例年末興行
渋さ知らズオーケストラ

12月25日(土)

開場16:30
開演17:00
前売4,500円
当日5,000円
別途Drink500円
有観客&LIVE配信2,500円
配信チケット購入方法

総勢数十名



1989年「発見の会」演劇公演の劇伴を担当した不破大輔を中心に渋さ知らズは吉祥寺でその産声をあげた。ジャズ・ロック・ラテン・ポップス・フォークに、果ては演歌までが混在する脱ジャンルの音楽性に舞踏・美術・映像・DANCE・照明・音響までもが渾然一体となったそのステージは痛快な娯楽にして前衛。体験型エンタテインメントであり同時に偉大なアンダーグラウンドのサブカル集団。‘98年ユーロ渋さ発動。4度のヨーロッパツアーを行い、前衛音楽祭として世界的に著名なドイツの「メールスジャズ祭」に連続して呼ばれ、2000年の公演ではメインステージのトリを務め巨大サーカステントが満員御礼の札止めとなる大盛況を得る。その一週間後にはニューヨーク在住のミュージシャンの間では噂でもちきりだったという逸話がある。’02年には英国「グラストンベリーフェスティバル」のメインステージにも招かれ、そして’05年は約5ヶ月にも及ぶ東欧・西欧29ケ所45公演を含む怒濤の旅となった。国内でも’01年にフジロックに初登場以来、4年連続の出演。’04年にはライジングサンにも出演をし、’06年に国内で最大級のJazz Festival「東京Jazz」に招かれた。最新のメジャーレーベル第2弾作品「渋響」はそのレコーディング手法からなる音のダイナミズムに音専誌、オーディオ誌をはじめカルチャー誌にまで世界的に優れた作品であるという高い評価が話題を振りまいた。常に聴衆を引きずり込む圧倒的なパフォーマンスで音楽ファンだけでなく、演劇や舞踏・DANCE・美術ファンまで多種多様な人々を魅了しつづけてきた日本が世界に誇るカテゴリー不可な音楽集団。トータルアングラ舞台パフォーマンス、
渋さ知らズ。

055-233-2031 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


ダイロー.ルビイ.
ナカムラタツヤ
.
三大怪獣寒
甲斐の決戦
12月26日(日)

開場16:30
開演17:00
前売6,000円
当日6,500円
別途Drink500円
25歳以下 2,000円高校生以下無料!
有観客&LIVE配信3,000円
配信チケット購入方法

ナカムラルビ(Sax)
スガダイロー(Piano)
中村達也(Drums)



ナカムラルビ(Sax)
中学3年生、合法薬物バンドとして酢酸カーミンを発足。
高校生時分には、当時のクラスメイトと「地下女子企画。」なるモツ投げ地下アイドルユニットを結成。
同時期にDJも開始。
その後、OXYDOLLの後継バンド「オキシドーターズ」のボーカルとして、度々ライブを行うように。活動は多岐に渡り、2014年には初の個展を開催。
2015年には、芝居方面でも表現の幅を広げ、田中要次監督作品などに出演。
地下女子企画。、オキシドーターズの解散後は、「Freaky Style Loca」のボーカル&サックスを担当。
2017年1月より、ポジティブパンクの金字塔「AUTO-MOD」でのゲストサックスを始め、2019年3月には中村達也独り叩き旅にてソロサックスO.A.、同年7月、太陽肛門スパパーンにてFUJIROCK FESTIVAL 初出演。
益々勢いを増して活躍中。

スガダイロー(Piano)
幼少の頃よりクラシックピアノに親しむ。中学校時代に山下洋輔(ジャズ・ピアニスト)ジョン・ルイス(モダン・ジャズ・カルテットのピアニスト)を聴いてジャズに目覚める。生物学者を目指し大学で生物学を専攻し学ぶも、その道を断念しピアニストに転向[1]。当時客員教授だった山下洋輔に教えを請うため洗足学園短期大学(当時)ジャズコースに第1期生として入学。卒業後バークリー音楽大学に4年間留学。バークリー音楽大学の同期生に、同じくジャズピアニストの上原ひろみがいる[2]。帰国後は「渋さ知らズ」や「鈴木勲OMA SOUND」で活躍し、自己のトリオでの活動のほか、ジェイソン・モラン(en:Jason Moran)、田中泯、夢枕獏、京極夏彦、飴屋法水、近藤良平(コンドルズ)、酒井はな、contact Gonzo、向井秀徳(ZAZEN BOYS)、七尾旅人、中村達也(LOSALIOS、ex:BLANKEY JET CITY)、志人(降神、TriuneGods、templeATS)、灰野敬二、U-zhaan、仙波清彦、MERZBOW、吉田達也(RUINS、是巨人、ZENI GEVA)らと即興対決を行うなど、様々なアーティストと共演している。

中村達也(Drums)
ミュージシャン、ドラマー、俳優。1987年から2000年までBLANKEY JET CITYのドラマーとして活動し、2013年までソロプロジェクトのLOSALIOSで活動。富山県出身。

055-233-2031 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


三上寛 LIVE
12月29日(水)

開場15:00
開演15:30
前売3,000円
当日3,500円
別途Drink500円
有観客&LIVE配信2,000円
配信チケット購入方法

三上寛(G Vo弾語り)



三上 寛 (みかみ かん)プロフィール
 1950年3月20日青森県北津軽郡小泊村(現・中泊町)に生まれる。67年同郷の詩人、寺山修司などの影響を受けて現代詩を書き始める。 69年ライブ活動開始。71年レコードデビュー。タブーな性言語、日本の呪われた風習を題材にした「怨歌」を歌いセンセーショナルを巻き起こし、 日本を代表するフォークシンガーとして確立。デビュー50年・古稀を越えて、 青森という土地をバックボーンにパワー溢れる津軽を原風景とした人間の 生き様を歌う自作の唄は、昭和・平成を越えて、新しい令和という時代の津軽民謡なのかもしれない。
 また詩人として詩集やエッセイも著書多数。
 ほかフィールドは広く、俳優(映画「世界で一番美しい夜」 「戦場のメリークリスマス」「トパーズ」などに出演) レポーター(NHK-TV「ふだん着の温泉」)などで活動。

055-233-2031 桜座
メ−ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴


|  復活桜座宣言 |  スタッフ紹介 |  古い「櫻座」 |  次回の公演 |  過去の公演 | 
|  予定表 |  お知らせ |  地図 |  お問い合わせ |  リンク |  トップページ | 
随時更新
Copyright (C) 2005〜 sakuraza. All Rights Reserved.
〒400-0032 1-1-7 Chuo koufushi Yamanashi City japan
TEL 055-233-2031  MAIL:kofu@sakuraza.jp