次回の予定
過去の公演
配信チケット
購入方法
貸し小屋規定
レンタルホール
フライヤー
協力
商工会議所
桜座cafe
Twitter
YouTube
Facebook
Facebookロゴ Twitterアイコン LINEロゴ instagramロゴ Youtubeアイコン
ご予約、ご連絡、など
メールはこちら

電話アイコンTEL 055-233-2031 甲府桜座
当会場はカフェスペースとホールスペースの二会場あり
来場者数によっては会場を
変更する場合がございます
来場者様は可能な限りご予約をして頂けると助かります

交通情報 <現在>
電車移動→ 中央線
バス&車移動→ 中央道全線状況
過去にメールマガジンを受信していた方へ
サーバー更新の関係により、メルマガへの再登録をお願い致します
■メールマガジン発行しております、ご希望の方は下記より登録して下さい。
お名前 メールアドレス

桜座TV
前月のLIVE動画と近々予定をご紹介!毎月初め頃にライブ配信しています! 
●次回のYoutube配信は月末予定です
※変更になる場合があります
Tigetでの有料ライブ配信はコチラ
ツイキャスでの有料ライブ配信はコチラ

↓近々の公演予定↓



水越けいこSPRING LIVE
5月26日(日)

開場15:30
開演16:00
前売5,500円
当日6,000円
別途Drink500



055-233-2031 桜座
2/3よりメールにて予約受付
小学生、中学生無料!父兄同伴

桜座JAM SESSION#94
5月29日(水)

開場18:00
開演18:30
前売1,500円
当日2,000円
別途Drink500円
<参加自由ノンジャンル

古谷 淳(Piano)
龍野充(g)
JUNKO(b)
大山勲(ds)



日本だけならず世界各地、そして各方面からユニークなアーティストがライヴやパフォーマンスのため訪れる甲府中心街の桜座で4月からジャムセッションが催されることになりました!対応ジャンルはロック、ポップス、ジャズやファンク、ヒップホップを始めとするブラックミュージック全般、ブルースなどなど。楽器が弾ける方なら誰でも参加可能の愉快なセッションになっております。楽器を始めたばかりの方やセッション初心者の方でもホストバンドがしっかりサポートしますので安心です。もちろん観戦のみの方も大歓迎!様々な情報交換や交流、出会いの場、
そして単純にエンターテイメントとして楽しめる空間にしていこうと思いますので皆様お楽しみに。

055-233-2031 桜座
メールにて予約受付中
小学生、中学生無料!父兄同伴

Darin Gray/Pak Yan Lau
来日公演
”Trudge Better With Friends"
6月1日(土)

開場17:00
開演17:30
前売5,000円
当日5,500円
別途Drink500円

Darin Gray (Bass)
Pak Yan Lau (sound artist)
Jim O’Rourke (G Computer )
石橋英子(Piano key Ful Computer)




ダーリン・グレ(Bass)
ソロ・アーティスト、精力的なコラボレーター、セッション・ベーシスト、即興演奏家、作曲家、教育者として知られ、25年以上にわたりジム・オルークの頼れるベーシストとして、また長年続いているデュオ、オン・フィルモア(ウィルコのグレン・コッチェと)の片割れとして活動している。 、TWEEDYのツアーベーシストとして(2014-2019)、坂田アキラ&チカモラチのメンバーとして、そしてGrand Ulena、Dazzling Killmen、You Fantastic!、Brise-Glaceのベーシストとして。 Darin のディスコグラフィーには 150 を超えるリリースが含まれています。彼は映画、演劇、ダンス、ラジオ、ポッドキャスト用に作曲し、米国、オーストラリア、ニュージーランド、日本、ブラジル、カナダ、ロシア、ヨーロッパで広範囲にツアーを行っています。 Darin は、Lakland Basses、Aguilar Amplification、GHS Strings、D'Addario Orchestral を支持しています。 厳選されたインタビュー: リサイタルマガジン 2021年 ローリングストーン誌、2017 年 水族館の酔っぱらい、2017 シカゴリーダー、2017 ノイズィ/VICE、2015

パク・ヤン・ラウ (sound artist)
ベルギーに生まれ、香港にルーツを持ち、現在はブリュッセルを拠点とするパク・ヤン・ラウはサウンドアーティスト、即興演奏家、音楽家、作曲家であり、プリペアドピアノ、トイピアノ、シンセ、エレクトロニクス、さまざまなサウンドオブジェクト。電子音響アプローチを巧みに融合させ、彼女は魅惑的な方法でサウンドを探求し、さまざまな音源と詩、魔法、フィネスを融合させます。 彼女のソロ活動は、とりわけ、サイレント・ウォーター・レーベルからリリースされた素晴らしい木製のオブジェ三部作である優れた録音「BOOKS」(2015)に記録されており、シンセサイザー、サンプラー、エレクトロニクスの世界、そしてハーモニクスの世界を3つの異なる部分で探求しています。様々なトイピアノの金属的な低音、そしてプリペアド・グランドピアノの内部が、従来の音を包み込むような緊張感のある音へと変化させます。 彼女の緊密なコラボレーションは、グルービング (Going) や抽象的なテクスチャリング (lauroshilau、Duo Pour 454 Chordes) から、写真家とのクロスメディア プロジェクト (Stills) や影絵劇場 (Le Poisson et La Perle/The Fabulous Choi Sisters) まで、さまざまな方向に広がっています。彼女はダンス シアター、ショート ムービー、サウンド ウォーク、ドキュメンタリー用の音楽を作曲しました。 即興演奏家として、クリス・コルサーノ、坂田アキラ、ダリン・グレイ、山本達久、秋山哲治、メッテ・ラスムッセン、中島理恵、中村利丸、スサーナ・サントス・シルバ、マヌエル・モタ、パオロ・アンジェリ、リン・カシエ、ジョアンなどの素晴らしいミュージシャンと音楽を共有してきた。ロボ、ジョバンニ・ディ・ドメニコ、ノルベルト・ロボ、マチュー・ハ、森重、高岡大輔、マンジャ・リスティック、ライオネル・マルリック、オードリー・チェンなど。 彼女の最近のアルバム「Trudge Lightly」(2020年)は、ベーシストのダリン・グレイとペアを組んだThe Bluest Of Seasレーベルからリリースされました。音楽は幅広の構造的なストリングで展開し、フリー・インプロビゼーションの驚きと電気音響実験のマテリアルな提案をエレガントに組み合わせ、ほとんど映画のような参照と物語の展開のゲームで、不思議なほど親しみやすく、しかし常に新しくて驚くべき魅力的な音の世界を伝えます。 2021年にはいくつかのリリースが予定されており、その中には6人組のアンサンブル作品『Bakunawa』(Cortizonaレーベルより)も含まれる。 Bakunawa はラウのソロプロジェクト Book of Toy の継続です。アンサンブルのために作曲する好奇心と可能性に突き動かされたこの作品では、型破りな楽器編成 (ゴングロッド、おもちゃのピアノ、金属管とハープ、バスドラム、タムの組み合わせ) とエレクトロニクスの繊細な使用の組み合わせを探求しています。アジアの儀式音楽、ミニマル ミュージック (フィリップ グラスとエリアーヌ ラディグ)、アンビエント ミュージックにインスピレーションを得て、彼女は独自の儀式的な音世界を作り上げました。 彼女はヨーロッパ、イギリス、台湾、香港、日本のさまざまなフェスティバルや会場をツアーしてきました。

Jim O'Rourke(ジム・オルーク)
アメリカ「ポスト・ロック」シーンの牽引者
Composer/Producer/mixer/guitar/keyboard/bass
1969年シカゴ生まれ。  
10代後半にデレク・ベイリーと出会い、ギターの即興演奏を本格的に始める。そ の後、実験的要素の強い自身の作品を発表。ジョン・フェイフィの作品をプロ デュースする一方でガスター・デル・ソルやルース・ファーなど地元シカゴのバンド やプロジェクトに積極的に参加。「シカゴ音響系」と呼ばれるカテゴリーを確立する。一方で、マース・カニンハム舞踏団の音楽を担当するなど、現代音楽とポスト・ ロックの橋渡し的な存在となる。   99年にはフォークやミニマル音楽などをミックスしたソロ・アルバム『ユリイカ』 を発表。インディーズからのリリースだが、日本でも数万枚を記録。  近年ではソニック・ユースのメンバー兼音楽監督としても活動し、数枚のアル バムに参加、より広範な支持を得る。(2005年末に脱退) 2004年には、"Wilco/A ghost is born"のプロデューサーとして、グラミー賞を 受賞。本国でも現代アメリカ音楽シーンを代表するクリエーターとして、高く評 価されている。ヨーロッパでも数々のアーティストをプロデュースしている。 日本文化への造詣も深く、「くるり」のプロデュースを始めとして、坂田明、 ボアダムスとのコラボレーションや、映画監督、若松考二の過去作品の評論など様々な活動を行っている。

石橋英子/EIKO ISHIBASHI
電子音楽の制作、舞台や映画や展覧会などの音楽制作、シンガー・ソングライターとしての活動、即興演奏、他のミュージシャンのプロデュースや、演奏者として数多くの作品やライブにも参加している。ピアノ、シンセ、フルート、マリンバ、ドラムなどの楽器を演奏する。国内ではfelicity、シカゴのレコードレーベルDrag City、ヨーロッパのレーベルBlack TrufflesやEditions Megoからアルバムをリリース。ドイツを代表する映画監督ライナー・ウ゛ェルナー・ファスビンダーの戯曲による演劇「ゴミ、都市そして死」、劇団”マームとジプシー”の東京芸術劇場での公演「ロミオとジュリエット」「ΛΛΛ かえ りの合図、まってた食卓、そこ、きっと」、NHKによる阪神・淡路大震災をテーマ にしたドラマ「あったまるユートピア」、廣木隆一監督映画「夏美のホタル」、金子雅和監督映画「アルビノの木」の音楽を担当。同映画によりシネルファマ・リスボン・インターナショナル・フィルム・アワーズで最優秀音楽賞を受賞した。
2017年、John Duncan、Jim O’Rourke、Joe Taliaと共に国内ツアーを行う。2018年にアルバム『The Dream My Bones Dream』 を発表。家族が遺した写真をきっかけに、自己のルーツである満州の歴史と向き合い作られた。忘れられた歴史を思いながらもセンチメンタリズムやファンタジーを削ぎ落として作品が作られている。耳に残る列車の音は過去と未来を結びつけ、これからの時代の呼び水となっていく。国内でCD、海外でLP盤、配信で発売され、英音楽誌WIREの表紙を飾る他、各雑誌のベストアルバムに選出された。2019年、アニメ『無限の住人-IMMORTAL -」の音楽を担当しサウンドトラックをリリース。
イタリアのチェリストFrancesco Dillonの為に制作した作品が2019年イタリア、シエナのキジアーナ音楽院にて1682年にストラディバリに作られたチェロで演奏された。
2019年5月にフランス国立電子音楽研究所Ina-GRMなどの招聘を受けヨーロッパ7カ国を巡るツアーを行い、6月にタスマニアのフェスDARK MOFOにJoe Taliaと共に出演、11月にバンド(山本達久、Joe Talia)を率いてオランダ、ユトレヒトのフェスLe Guess Who?とベルギー、コルトレイクのフェスSonic Cityに出演した。
2020年1月、シドニーの美術館Art Gallery of New South Walesでの展覧会「Japan Supernatural」の展示の為の音楽を制作、シドニーフェスティバル期間中に美術館にて発表された。
2020年スイスのフェスティバル「Saint Gehetto」に出演予定。
2021年8月、映画「ドライブ・マイ・カー」の音楽を担当しサウンドトラックをリリース。
2022年1月、bandcampでリリースしていた「For McCoy」をBlack TruffleよりLPでリリース。

055-233-2031 桜座
メールにて予約受付
小学生、中学生無料!父兄同伴

FM FUJI DJ 佐藤ドミンゴ
ソロライブ

FM FUJI×佐藤ドミンゴ25周年記念
GALACTICA DOOOOOMI!!!!
〜天才チンパンジーの逆襲〜
6月2日(日)
第1部
開場12:30
開演13:00
前売3,000円
別途Drink500円

第2部
完売
開場16:30
開演17:00
前売3,000円
別途Drink500円
(1部2部ともに同料金) ご予約は下記リンク先から
(※5/24(金) 24:00締め切り)

出演
佐藤ドミンゴ ほか





おもしろいことが大好きな桜座ピーポーに集まって頂きたいおバカライブが大決定!
天才チンパンジーことFM FUJI DJ 佐藤ドミンゴが、四半世紀の時を経てついに立ち上がる!「不適切」をキーワードに、有料のステージでしか表現出来ないリミッターを解除したぶっちぎりのクレイジーを大放出の90分!
イヤなことがあった貴方も、イヤなことが良くわかってない貴方も、ぜひ足をお運びください!天才チンパンジーは皆さまを幸せにします。
佐藤ドミンゴ 敬白

ご予約は下記リンク先から
(※5/24(金) 24:00締め切り)
※料金は当日、桜座の受付でお支払いいただきます。
※各部につき4名様までのお申込みとさせていただきます。
※先着順で予定枚数に達し次第、受付終了とさせていただきます。

055-233-2031 桜座

Don kururi
6月7日(金)

開場19:00
開演19:30
前売3,000円
当日3,500円
学割2,000円
別途Drink500円

小橋拓弥(Guitar)
佐藤敬幸(Sax)
原島燎平(Drum)



洗足学園音楽大学卒同期のメンバーで 2020年より活動を始める。 3者それぞれがオリジナル曲を持ち寄り、improvisationで容赦なく変化しつづけながらも、 メンバーそれぞれの音楽へのこだわりを尊重し自分達だけのアンサンブルを追求し続けている。 2021年、東京証券取引所にて 「JAZZ EMP at Tokyo Financial Street2021」に出演。 2022年、「Sapporo Park Jazz Live Contest」にて グランプリを獲得。 2024年春、1st EP「Don kururi」リリース。 2024年 7月 シンガポール Jazz in July 出演予定

055-233-2031 桜座
メールにて予約受付
小学生、中学生無料!父兄同伴

Akiyama Toshio & Monkey Pappets
R&B Special Night

6月8日(土)

開場18:30
開演19:00
前売2500円
当日3,000円
別途Drink 500円
ライブ配信 ¥2,000(Tiget利用料別)

Akiyama Toshio ( Vo G) Funky Tom (Guitar Cho)
Mitsui Kazunobu (Key Cho) Ted Niitsu (Bs)
Tsugane Syu (Dr) Iijima Wayou (Ts)
Ree (Ts) Orii Takahiro (Tp)



毎年恒例、甲府桜座の初夏のR&Bライブです。
山梨で唯一、60〜70年代の黄金ソウルナンバーをお届けします。
若かりし頃、あのディスコで聴いた、踊ったジェームス・ブラウン、オーティス・レディング、ウィルソン・ピケット等々のヒット曲をホーンセクションを交えた8人編成でお送りします。
メインボーカルの秋山登志夫は1972年のプロデビューからすでに50年以上歌い続けており、天国のソウルシンガーから引き継いだその年季の入った歌声を存分に味わってください。往年のソウルブラザー&シスターのご来場もお待ちしております。

055-233-2031 桜座
メールにて予約受付
小学生、中学生無料!父兄同伴

Rosario Giuliani
meets Jan Lundgren Quartet

6月10日(月)

開場18:00
開演19:00
前売4,000円
当日4,500円
別途Drink500円

Rosario Giuliani(as)
Jan Lundgren(p)
with 粟谷巧(b)
江藤良人(ds)



ロザリオ・ジュリアーニ/Rosario Giuliani(アルトサックス)
1967年イタリア・テッラチーナ生まれのアルトサックス奏者。10代から天才と言われ話題を集め、1987年イタリア国立フロジノーネ音楽院を首席で卒業。1990年ヨーロピアン・ジャズ・オーケストラに参加。その後は、エンニオ・モリコーネなどの多くの映画音楽の仕事にも関わり、イタリア及び外国のレコード会社と様々なレコーディングを行う。リーダーアルバムは20枚以上。参加アルバムは50枚以上。
国内外の録音及びコンサートの共演者は、若き日よりロザリオの才能を認めたイタリアが誇るピアノの詩人、エンリコ・ピエラヌンツィ、ジョー・ラ・バーベラ、マーク・ターナー、ジョーイ・バロン、ジョー・ロック、ピーター・バーンスタイン、カート・ローゼンウィンケル、エンリコ・ラバ、フランコ・ダンドレア、ファブリッツィオ・ボッソ等。共演者は国内外を問わず数え切れない。また、ヨーロッパ、アジア各地のジャズ祭に多数出演。1996年マッシモ・ウルバーニ賞を皮切りに2012年年間最優秀サックス賞から2019年ウンブリアジャズ「世界のウンブリア大使」まで数々の賞を受賞する。イタリア国内だけでなくヨーロッパ全土、アメリカにロザリオ・ジュリアーニの名前を知らしめる。今、最も勢いと人気があるイタリアが誇る世界的サックス奏者。現在、演奏活動の他にSaint Louis Music Center in Rome、Conservatorio di Musica Santa Ceciliaで後進の指導も行っている。

ヤン・ラングレン/Jan Lundgren( ピアノ)
1966年スウェーデン生まれ。ヨーロッパ・ジャズ界を代表するピアニスト、ヤン・ラングレン。スウェーデンの貴公子とも呼ばれている。スウェーデン南部の都市マルモにあるマルモ音楽学院を卒業。1980年代後半からジャズの第一線で活躍し、その美しいタッチのピアノで北欧のみならず米国や日本でも絶大な人気を誇る。1996年1月アルネ・ドムネラス、ルネ・グスタフソン等と初来日で計11回来日。1994年のデビュー作「Conclusion」以来、欧米、欧州や日本の様々なレーベルから数多くのアルバムを発表する。リーダー作は50枚を下らない。しかもそれらがハイ・クオリティを保ち続けている事実により、スウェーデンのトップ・ピアニストの地位を確かなものにしている。自国スウェーデンや北欧の民謡をモチーフにしたジャズ演奏も多く、今日の北欧ジャズ人気を支えてきた立役者でもある。2000年6 月ニューヨーク、カーネギーホールで演奏した最初のスカンジナビアのジャズピアニストとなる。また、2007年にも初めて、スカンジナビアのジャズピアニストとしてスタインウェイ&サンズからスタインウェイ・アーティストに指名された。また、ラングレンは2010年に母国で発足した《イースタ・スウェーデン・ジャズ祭》の芸術監督に就任、年々規模を拡大。内外の著名ミュージシャンを招いた充実のプログラムで、その手腕にも評価が高まっている。現在、自己のトリオ、内外を問わず共演者は多々。1994 年Radio Sweden’s Prize、2019年Ellen & Svend Asmussen Award、2020年Danish-Swedish Culture Fund Prize の数々の賞を受賞する。

粟谷巧/Takumi Awaya(ベース)
1985年北海道北見市出身。テナーサックス奏者の父、ピアニストの母の影響で11歳から父のジャズバンドに参加。高校卒業後に札幌へ移り福居良(p)トリオのメンバーとして活動。世界的なジャズミュージシャンのバリー・ハリス(p)、ベニー・グリーン(p)、渡辺貞夫(as)との共演経験を持つ。2020年に東京へ移り全国的に活動中。2023年6月ライブ録音『Breeze Suite /Takumi Awaya Trio Live at ALFIE』を発表。

江藤良人/Yoshihito Eto(ドラムス)
1973年三重県鈴鹿市生まれ。コンサート、テレビ、ラジオ、ジャズ・フェスティバル他に多数出演。国内外を問わず共演者は多数。自己のバンドでも活動中。2002年『江藤良人/ANIMAL HOUSE』から2015年『Karate Chops』まで4枚のリーダーアルバム、また、2020年『Live Album 2020』、2023年『Everything I Love』をリリースする。リーダーアルバム以外のレコーディングも多数行っている。2016年からRosario Giuliani Japan Tourのメンバー。

055-233-2031 桜座
メールにて予約受付
小学生、中学生無料!父兄同伴

Live album "Triplets" release tour 2024 vol.2
MUGAMICHILL/ムガミチル
6月15日(土)

開場17:30
開演18:00
前売4500円
当日5000円
23歳以下前売1500
当日2000円高校生以下無料

MUGAMICHILL/ムガミチル
中村達也(Ds ex.ブランキージェットシティ)
ナカコーこと中村弘二(G ex.スーパーカー)
ナスノミツル(Bass コンポーザー)



MUGAMICHILL/ムガミチル インプロセッションの延長線上に浮上した色彩感、透明感、アンビエンスを融合し最大限に放出する、 中村達也(ex.ブランキージェットシティ)、ナカコーこと中村弘二(ex.スーパーカー) をフィーチャーし、ナスノミツルがコアを担う新機軸ダークロックユニット。 2016年12月に起動。 2017年より、ライヴ音源をもとに、より抽象的な世界観を構築した「POLAND」「BIRDS」、 オリジナル曲のデモを作品化した「demo edition 1~3」、 中村達也オリジナルiPhone録音にダビングを展開、作品化した 「MUGAMICHILDREN」 シリーズなどCD-R音源を自主リリース。 (最新盤は「MUGAMICHILDREN 3」) また、コロナ禍においても配信ライヴ、ツアーを精力的に展開し、 2022年、満を持してクラウドファンディングによる 4枚組ファーストアルバム「MUGAMICHILL」9月リリース。 7月?10月にかけてHOPE Tour 2022開催。

055-233-2031 桜座
メールにて予約受付
小学生、中学生無料!父兄同伴

trioNe甲府桜座公演
<トリオネ
>
6月16日(日)

開場15:30
開演16:00
前売4,000円
当日4,500円
別途Drink500円

田中充 (Trumpet)
石成正人 (Guitar)
松本智也 (Percussion)



トリオネ - trioNe -
スキマスイッチのサポートをきっかけに集まった
サポート&スタジオミュージシャンである、田中充(Tp)・石成正人(G)・松本智也(Perc)の3人が奏でる、ホッと温かいジャズの曲たち。 オリジナル〜カバーまで、トランペット×ギター×パーカッションという編成でお届けします。 カフェライブを経てコロナ禍の2020年4月から各自のスタジオを結んでの生ライブをYouTubeにて配信開始。 メンバーでオリジナル曲を作成しリモートでのレコーディングに挑み、2020年12月に1stアルバム “cafe “を、2021年12月には2ndアルバム"Bistro"をリリース。 現在も生配信やライブを継続中。 2024年4月、4周年を機に『スキマのスキマ』から『トリオネ - trioNe - 』に改名。 いつもの配信を飛び出し、生演奏の心地よい空間をお送りします。
2020年発売1stアルバム"Cafe"ダイジェスト
2021年発売2ndアルバム"Bistro"ダイジェスト
YouTubeチャンネル トリオネ - trioNe - (旧スキマのスキマ)

055-233-2031 桜座
メールにて予約受付
小学生、中学生無料!父兄同伴

ダイナマイト・サム甲府活性化計画
D.O.FUNK LIVE SHOW 150th Anniversary!!
6月22日(土)

開場 18:30
開演 19:00
前売 2,000円
当日 2,500円
別途Drink500円



ファンキーでソウルフルなサウンドと、ド派手なライブパフォーマンスで観る者に元気を与えるファンク軍団、D.O.FUNK(ディーオーファンク)。
1997年の結成以来、地元・山梨県を中心に精力的なライブ活動を展開し、今年で結成27周年を迎えた。
長い活動の中で磨き上げてきたライブパフォーマンスの根底にあるのは「LOVE & HAPPINESS」温かい愛情とみんなを幸せにしたいという願いだ。そして今回、6年振りとなる桜座ワンマンライブはD.O.FUNKの「150回記念ライブ」となる。

055-233-2031 桜座
メールにて予約受付
小学生、中学生無料!父兄同伴

永井龍雲コンサート2024
「春・夏・秋・冬」
6月23日(日)

開場15:30
開演16:00
前売6,000円
当日6,500円
別途Drink500円

桜座 kofu@sakuraza.jp
      チケットぴあhttps://t.pia.jp/ (Pコード:)
      ローソンチケットhttps://l-tike.com/ (Lコード:)
      イープラスhttps://eplus.jp/
      CNプレイガイドhttps://www.cnplayguide.com/
      キャピタルヴィレッジhttps://www.capital-village.co.jp/

永井龍雲(弾語り)



055-233-2031 桜座
メールにて予約受付
小学生、中学生無料!父兄同伴

水谷浩章Monthly Special
6月24日(月)

開場19:00
開演19:30
前売3,500円
当日4,000円
別途Drink500円

水谷浩章 (b)
小沢咲希 (p)
山崎隼(ds)




055-233-2031 桜座
メールにて予約受付
小学生、中学生無料!父兄同伴

明日の朝はイエローキャップと星のうえ
strenge flowers&ASKICK
6月29日(土)
開場18:30
開演19:90
前売2,500円
当日3,000円
別途Drink500円

ASKICK
荻原 元 (VOCAL)向山 秀人(BASS, VOCAL)
岩原 美智代(KEYBOARD)大久保 篤(GUITAR)
志村 明彦(DRUM)

strenge flowers
strengeトシロー (g.vo)えーこdeチャンティー(g.vo)
ヒロト局長(key.vo)winwood やっちゃん(dr.vo)
strengeひでーや(b.vo)




ASKICK
四半世紀の沈黙を破り、2017年に新メンバーを迎え再始動。
インストを織り交ぜ、Funk / Soul / Jazz / Rock などのルーツ・ミュージックをクロス・オーヴァーしたようなバンド。と聞こえが良いがただ何でもやりたいバンド!

strenge flowers
私たちは
私たちが恥ずかしくないと思う人達が
恥ずかしくないと思ってくれる音楽を
つくりつづけたいと思っています。
strenge flowersです。

055-233-2031 桜座
メールにて予約受付
小学生、中学生無料!父兄同伴

森山 威男Queentet
7月6日(土)

開場18:00
開演18:30
前売5,000円
当日5,500円
学生2,000円
別途Drink500円

森山 威男(drums)
中山 拓海(saxophone)
魚返 明未(piano)
水谷 浩章(bass)
相川 瞳(percussion)



055-233-2031 桜座
メールにて予約受付
小学生、中学生無料!父兄同伴


臼井ミトン with 中條卓+沼澤尚
Tour2024 Summer

7月13日(土)
開場19:00
開演19:30
前売3,500円
当日4,000円
別途Drink500円


臼井ミトン (Vocal.Guitar.Keyboard)
中條卓(Bass)
沼澤尚 (Ds)



臼井ミトン (Vocal / Guitar / Keyboard)
1984年東京生まれのシンガーソングライター・音楽プロデューサー・ラジオパーソナリティ。録音機材を担ぎアメリカ中をたった一人で放浪、伝説的なミュージシャン達の自宅を訪ね歩きセッションを重ねる「旅する宅録アーティスト」。
幼少よりチェロを学び、ギタリストとしてのアメリカ留学・プロ活動を経てシンガーソングライターへの転身を決意、20歳で一旦日本に帰国。数年間に渡りピアノの練習や曲作りに励んだのち、宅録機材を背負い再渡米。
持ち前の行動力と英語力、そして謎のコミュ力をフル活用し、自らアポイントを取りながら全米各地のレジェンド・ミュージシャンを訪問。彼らの自宅に上がり込み、寝泊まりし、ときには手料理さえ振舞われながらレコーディングセッションを行うという図々しくもユニークな手法でこれまでに3枚のアルバムをリリース。
ウィル・リー、ジム・ケルトナー、リック・マロッタ、デヴィッド・スピノザ、ラリー・ゴールディングスといった名手たちが参加したそれらのアルバムには作詞家・松本隆が帯コメントを寄せ、様々な音楽専門誌に特集記事が掲載される等、音楽業界内で大きな注目を集める。
CD制作は全てセルフプロデュース、レーベルや事務所にも未所属というマイペースかつDIYな活動ながら、フジロックやRising Sun Rock Fes in Ezo、Peter Barakan’s Live Magic 等大型フェスにも多数出演。自身のトリオ(with 沼澤尚&中條卓)で全国各地を精力的にまわりながら、他アーティストのプロデュースや編曲・ホーンアレンジ、レコーディングエンジニアリングも多数手掛ける。
また、2020年からはTBSラジオ「金曜ボイスログ」で番組パーソナリティを務め、アナログオーディオ専門誌「季刊analog」に連載をスタートさせるなど、音楽・レコード・音響機器に対する幅広い知識でその活躍の場を広げている。
独学で習得したニューオリンズ色の濃いピアノスタイルと、繊細なフィンガーピッキング・ギター、そして艶やかな歌声で独自の日本語アメリカンポップスを切り開く、期待の実力派シンガーソングライター。

055-233-2031 桜座
メールにて予約受付
小学生、中学生無料!父兄同伴


あみたささむしゅ
7月14日(日)

開場17:30
開演18:00
前売4,000円
当日4,500円
別途Drink500円

ピヨピヨクラブ
佐野麻呂梨王&佐伯武昇
どくむしゅ



悪魔の捨て子の異名を持つ全身網タイツの地獄シャンソン歌手・蜂鳥あみ太が、スパニッシュギターの名手・大須賀聡と、ダラブッカ使い手・空中紳士とともに、「どくむしゅ」として山梨にふたたび見参!破壊的パーカッショニストの佐伯武昇&山梨の鬼才ノイズ・サックス奏者佐野麻呂梨王のデュオ、毎度おなじみ虫ネタアコポップバンド・ピヨピヨクラブの三つ巴が、ここ桜座で繰り広げられる!

055-233-2031 桜座
メールにて予約受付
小学生、中学生無料!父兄同伴


showmore at 甲府桜座
「Little Sunflower」
7月15日(祝,月)

開場15:00
開演16:00
前売 4,500円
当日 5,000円
別途Drink500円

根津まなみ (Vo)
井上惇志 (Key)
玉木正太郎 (Ba)
タイヘイ (Dr)
山田丈造 (Tp)



055-233-2031 桜座
メールにて予約受付
小学生、中学生無料!父兄同伴


DURAN "The Venomous Rift in Humanity Tour"
'DURAN/YASS BODY (from France)

DURAN
7月19日(金)
開場18:30
開演19:00
前売3,500円
当日4,000円
別途Drink500円



DURAN
シンガーソングライター・ギタリストDURAN。
ロックアルバム「Electric Man」、ブルースアルバム「30 Scratchy Backroad
Blues」の2枚を引っ提げてのツアー
『The Venomous Rift in Humanity Tour』。
年始の単独フランスツアーで出会ったYASS
BODYを迎え、地元山梨県でのライブが決定!
8/30(金)には、恵比寿LIQUIDROOMにてツアーファイナルが行われる。

イープラス'https://eplus.jp/duran/  1人様4枚まで
制作 Barbate Rock Inc.

『濤踏』
7月24日(水)

開場19:00
開演19:30
前売 3,500円
当日 4,000円
U23:2,000円 
別途Drink500円

レオナ(tap,全身打楽器)
板橋文夫(piano)
瀬尾高志(contrabass)



濤踏/Toh Tou
怒濤に踏む! と書いて、濤踏 。とうとうと読む。2015年結成。タップダンスをルーツに、鉄板や鎖やステンレスボウル等、あらゆるものを踏み擦り叩き演奏する唯一無二の表現者、レオナ。渡良瀬やグッドバイなど名曲を生み出し、ドラマーのElvin Jonesとワールドツアーするなど、世界的な演奏家である、板橋文夫。ふたりが最も信頼する、熱く朗々と歌うような倍音豊かなコントラバス奏者、瀬尾高志。この三者がタッグを組んだ。根源的な衝動と喜びに突き動かされる三つ巴!

055-233-2031 桜座
メールにて予約受付
小学生、中学生無料!父兄同伴


KKKT&ヒキモノガタリ
7月28日(日)

開場15:00
開演16:00
前売4,000円
当日5,000円
小中学生は2000円
別途Drink500円

よしうらけんじ(Perc)
林幹(和太鼓)
komaki(Drums)
田川智文(和太鼓)

[スペシャルゲスト]
チャンティー(Piano, Vo)



055-233-2031 桜座
メールにて予約受付


アルゼンチン報告会 at 甲府桜座
〜小林萌里 コスキンフェスティバルとアルゼンチン滞在を終えて〜
小林萌里ピアノ演奏とスライド上映会
7月31日(水)

開場19:00
開演19:30
前売3,000円
当日3,500円
別途Drink500円


2023年、コスキン・エン・ハポンで優勝し、アルゼンチンのコスキン市で
2024年1月に開催された Festival Nacional de Folkloreにて数万人の前で演奏し、多くのアルゼンチン人と交流してきた話を中心に、スライドを交え
て景色や動植物、建物などどんな国だったか、そして人々はどんな生活をし
ていたかを紹介しつつ、ソロピアノでタンゴ、フォルクローレ、オリジナル
作品と、アルゼンチンの魅力的な音楽も紹介する報告会を開催します。



小林萌里プロフィール
東京音楽大学卒業。在学中よりクラシック、タンゴを中心に各地で演奏活動を行う。これまでにドイツ、スイス、アメリカ、アルゼンチンで現地の演奏家と共演。2017,2018年とアメリカ
バーモント州で開催されたStowe Tango Music Festivalに参加。2023年 日本最大のアルゼンチン音楽コンテスト
「Cosquin en Japon 2023」で優勝し、翌年アルゼンチンで開催の「Cosquin 2024 Festival Nacional de
Folklore」の日本代表に選出され数万人の前で演奏。同じくアルゼンチンで開催された?系社会最?のお祭りである「メガ盆踊り」においても数万人の前で演奏。日亜友好125周年の親善大使も務める。コロナ禍
の2020年から地元茨城県の文化施設でコンサートシリーズを立ち上げ、現在も継続中。近年では陶芸家との異色の共演でムソルグスキー作曲『展覧会の絵』を全曲演奏、琵琶とピアノのデュオで各地の民話・伝説・怪談
を新しい形に作り変えて発信、大編成タンゴオルケスタを主宰し公演するなど意欲的に活動。音楽以外の活動では2021年に「かさま天狗の会」を立ち上げ、茨城県の愛宕山にまつわる伝説で、語り・歴史講話・音楽・アニメを融合させた公演を主催し、公共施設や大学等で3年にわたって開催し、現在も継続中。

055-233-2031 桜座
メールにて予約受付
小学生、中学生無料!父兄同伴

“RYU,KENJI&YOSHI”
8月2日(金)

開場19:00
開演19:30
前売 3,500円
当日 4,000円
別途Drink500円

吉田隆一(baritone sax)
佐藤研ニ(bass)
江藤良人(drums)



吉田 隆一
1971年東京生まれ。中学校の吹奏楽部でバリトンサックスを手にする。19歳からジャンルを横断した演奏活動を開始。現在は「SF+FREE JAZZ」バンド “blacksheep” を中心に、フリーランスの音楽家として数多くの場で演奏活動を行っている。
「SF音楽家」を名乗り、谷甲州『航空宇宙軍史・完全版』巻末解説をはじめ、SFの解説やコラムの執筆、「SFと音楽」のコラボレーションライブ企画などを行っている。

055-233-2031 桜座
メールにて予約受付
小学生、中学生無料!父兄同伴


琉球ヴァイオリン & VaGu with マイト
8月11日(日)

開場16:30
開演17:00
前売 4,000円
当日 4,500円
別途Drink500円

大城 敦博 (6弦ヴァィオリン/ヴァイパー/パーカッション奏者)
中野 潔子 (古楽器ヴィオラ・ダ・ガンバ/パーカッション/少しピアノ奏者& コーラス)
金子 マイト (バンドネオン/コントラバス/パーカッション奏者& ボーカル)



大城 敦博 / おおしろ あつひろ
1974年7月19日生まれ、沖縄県出身
国内初の6弦ヴァイオリン & ヴァイパー奏者、作曲家。
3Dvarius社(仏)公式アンバサダー。独自の肩当てを発明(特許取得済)。
WEBSITE

中野 潔子 / なかの きよこ
1973年10月25日生まれ、京都府出身
ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者。
大阪音楽大学 大学院修了。
歴史上から一度姿を消したヴィオラ・ダ・ガンバの
当時の演奏を追求しつつ、新たな可能性も探求。
琉球ヴァイオリン音楽に特化した【琉球器楽DUO】に加え、
【VaGu】による近未来楽器ヴァイパーと、古楽器ヴィオラ・ダ・ガンバの
音色の融合による様々なジャンルの演奏。
これに若き天才ミュージシャン、
バンドネオン、コントラバス、ボーカルの3本柱を奏でる『金子マイト』が加わり、新たなトリオ・ユニットが誕生しました。

【金子 マイト】
2000年11月21日生まれ、東京都出身
麻布中高卒、東京藝術大学楽理科に在籍中。
地球上の多様な音楽を理解すべく、音楽民族学を専攻。
コントラバスを14歳から始め、
バンドネオンを15歳から、
声楽も18歳から学び始める。
現在、地元のマリ・モダンバレエ団ではダンスも表現の幅を広げるべく、研鑽中。
麻布中高時代の同級生で結成したトリオで、アルゼンチンタンゴを中心とした活動している傍で、バンドネオンを用いた様々な音楽への可能性を探るべく、シャンソンやフラメンコなどの他ジャンルの舞台にも参加。
音楽の道を志すようになった
中高時代に強く影響を受けたのは、
Astor Piazzolla、久石譲。

055-233-2031 桜座
メールにて予約受付
小学生、中学生無料!父兄同伴


鈴木康博 LIVE 2024
@甲府,桜座
8月17日(土)

開場 15:30
開演 16:00
前売6,000円
当日6,500円
別途Drink500円



055-233-2031 桜座
メールにて予約受付
小学生、中学生無料!父兄同伴

今堀恒雄ソロ「曲げがち」
8月19日(月)

開場19:00
開演19:30
前売 3,000円
当日 3,500円
別途Drink500円

今堀恒雄(EG & Electronics)



055-233-2031 桜座
メールにて予約受付
小学生、中学生無料!父兄同伴

「山梨移住化計画 片思いから友だち出来たよ!」
スキップカウズ ワンマンライブ
8月23日(金)

開場17:30
開演18:00
前売4500円
当日5000円
別途Drink500円

OA:友だち



055-233-2031 桜座
メールにて予約受付
小学生、中学生無料!父兄同伴